事業紹介
「林忠正ポートレート(ケクラン邸のバルコニーにて)」1900年頃 個人蔵

「林忠正-ジャポニスムを支えたパリの美術商」

西洋で日本美術品を商った初めての日本人である林忠正について、孫の夫人で歴史作家の木々康子氏の所蔵品を中心に、万博などとの関わりや、日本そして西洋の美術・工芸品を介して培われた交友、さらにはコレクションがたどった運命に注目し、生涯にわたる活動を概観する。

事業名
「林忠正-ジャポニスムを支えたパリの美術商」
開催場所
国立西洋美術館
開催期間
2019年2月19日(火)~5月19日(日)
リンク先
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019hayashi.html