日本博概要

日本博概要

「日本博」は、2020年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に、「日本の美」を体現する美術展・舞台芸術公演、文化芸術祭等のプロジェクトを日本全国で「縄文から現代」及び「日本人と自然」というコンセプトの下、日本が誇る様々な文化を、四季折々・年間を通じ、体系的に展開するものです。

開催時期は、2020年を中心としつつ、その前後の期間も含めて幅広く展開します。

総合テーマ

「日本人と自然」

基本コンセプト

「日本の美」は、縄文時代から現代まで1万年以上もの間、大自然の多様性を尊重し、生きとし生けるもの全てに命が宿ると考え、それらを畏敬する「心」を表現してきました。

日本は、景観や風土を大切にし、縄文土器をはじめ、仏像などの彫刻、浮世絵や屏風などの絵画、漆器などの工芸、着物などの染織、能や歌舞伎などの伝統芸能、文芸、現代の漫画・アニメなど様々な分野、衣食住をはじめとする暮らし、生活様式等において、人間が自然に対して共鳴、共感する「心」を具現化し、その「美意識」を大切にしています。

「日本博」では、総合テーマ「日本人と自然」の下に、「美術・文化財」「舞台芸術」「メディア芸術」「生活文化・文芸・音楽」「食文化・自然」「デザイン・ファッション」「共生社会・多文化共生」「被災地復興」などの各分野にわたり、縄文時代から現代まで続く「日本の美」を国内外へ発信し、次世代に伝えることで更なる未来を創生します。

この文化芸術の祭典が、人々の交流を促して感動を呼び起こし、世界の多様性の尊重、普遍性の共有、平和の祈りへとつながることを希求します。

日本博ロゴマーク

〔ロゴが表すメッセージ〕
大海原に連なる雲の間(あわい)から昇る太陽。
自然へのおそれと敬いのまなざし、
人と人とがつながる心、
震災からの復興への希望を込めています。

◎ロゴは、工芸作家である宮田亮平文化庁長官が、日本博の企画委員等の意見を聞きながら、デザインしたものです。

開催経緯

これまで、「日本博」に関しては、『日本の美』総合プロジェクト懇談会(主催:安倍総理、座長:故・津川雅彦氏)において、日本人の美意識・価値観を国内外にアピールし、その発展及び国際親善と世界の平和に寄与するための施策の検討等を実施してきました。

第6回の同懇談会(2018年6月22日開催)において、「日本博(仮称)」を、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として日本の全国各地で実施することについて、総理から文部科学省・文化庁に対して準備を進めるよう指示がされました。

2018年12月には、総理を議長とする日本博総合推進会議が開催され、テーマ・コンセプト、開催の検討状況・実施体制などが報告され、意見交換が行われました。これを受け、関係府省庁、文化施設、地方自治体、民間団体等の関係者の皆様と連携・協力したプロジェクトとして、被災地をはじめ地域の文化資源を活用しつつ、全国で日本博を開催し、訪日外国人の「地方への誘客」を促進することとしています。

「日本人と自然」の統一テーマの下、四季折々に日本を再び訪れてみたくなるような戦略的プロモーションを通じて、各地域が誇る歴史、文化財、歌舞伎・能・文楽等伝統芸能から、景観、食、祭、文芸等様々な文化資源を一年間を通じて体系的に展開することにより、国家ブランディングを確立し、オリパラ前、期間中及びオリパラ後のインバウンドを拡充していくこととしています。

プロジェクトの枠組み

「日本博」では、日本全国を会場として、日本博のテーマ「日本人と自然」の下で、美術館・博物館の展覧会、舞台公演、地域の芸術祭などに加えて、様々な文化芸術を展開します。

日本の縄文時代から現代まで、自然に対しどのように向き合い、その想いを表現し後世へ守り伝えてきたかを各地の文化芸術を国内外の多くの方々に体系的に紹介し、また、様々な体験型プログラムに参加することで、日本文化をより深く理解し楽しんでいただきたいと思います。

「日本博」では、国・日本芸術文化振興会が、地方自治体・芸術団体・企業の皆様と一緒に企画・実施する「主催・共催型」、地方自治体・芸術団体・企業の皆様の企画による「公募助成型」、「参画型」の枠組みがございます。

参画型は日本で企画・実施される日本博のテーマ等にご賛同いただいたプロジェクトを「参画認証」させていただくことで、より多くの方々に「日本博」を通じた文化芸術を国内外に発信し、海外からの多くの皆様の訪問を誘うためのプログラムです。

また、日本人の皆様にとっても日本の伝統、芸術、食、自然環境等の魅力や価値づけ・再評価を行うきっかけとなり、皆様自身が国内外への発信につなげていただくことを期待します。

主催・共催型
「日本博」の中核となる総合大型プロジェクト(国、文化施設、民間団体、事務局等が共同で企画・実施 イメージ ■縄文から近現代の美術■伝統芸能・現代舞台芸術■メディア芸術■生活文化・文芸・音楽等の複合領域を一つの空間で演出するプロジェクト分野別大規模プロジェクト 「日本博」のテーマ及びコンセプトを加味した大規模な展示・公演等のプロジェクト(全国的な活動を行う団体等が主催)イメージ ■地方自治体や文化関係団体等で一定期間実施するプロジェクト ※国は原則一部負担。ただし、被災地との共催、共生社会・多文化共生、最先端技術の導入等に係るものは例外とすることを想定。
公募助成型
■イノベーション型プロジェクト ■文化資源活用推進事業 各地域や団体の特色ある企画を公募し事業費を一部助成 イメージ ①地域の特色を生かして新たに企画・実施するプロジェクト ②文化関係団体が実施する新規性・創造性が高いプロジェクト ※国は原則一部負担。ただし、被災地との催、共生社会・多文化共生、最先端技術の導入等に係るものは例外とすることを想定。
参画型
参画プロジェクト 各地域や団体の特色ある企画を公募し企画内容を認定 イメージ ①テーマ、コンセプトに沿う日本を代表するプロジェクト ②「日本博」として国内外に発信するものとして相応しいプロジェクト 等もっと見る