[新作文楽]シェイクスピア=作 「不破留寿之大夫(ふあるすのたいふ)」

ブログ&コラム

2014年8月29日

鶴澤清治が語る『不破留寿之太夫』②

いよいよ開幕が近づいてきた『不破留寿之太夫』。監修・作曲の鶴澤清治が語る意気込みをさらにお届けしましょう。


「規格外」のフォルスタッフ

 不破留寿之太夫=フォルスタッフのような人間は、たぶん今までの文楽には出て来なかったんじゃないでしょうか。春若=ハル王子のような侍は、時代物によく出てくるので、従来の表現方法を利用できるのではないかと思いますが、とにかくフォルスタッフは規格外です。河合先生の脚本、石井先生の美術ともに素晴らしいものにしていただきましたので、作曲のほうも頑張りませんと。僕の中には〈イングランドの草原〉という全体的なイメージがありまして、「義太夫、三味線の肩衣(かたぎぬ)も、草原の続きのグリーンにしてください」などと勝手なことばかり言っています。


文楽初体験の方にもぜひ!

 河合先生もおっしゃるように、フォルスタッフは人間誰もが持っている欲望の持ち主です。ほとんどの方に共感していただけるのではないでしょうか。だからこそ、太夫の語りがそこに達することが大切です。『不破留寿之太夫』では字幕はつけませんから、お客様に一字一句逃さず聞いていただけるように、今回不破留寿を語る(豊竹)英大夫くんにも切にお願いしています。素顔の彼は不破留寿にかなり近い人物ですから、「君の人間をそのまま出したら行けるから、頼むよ!」と言ってますけど(笑)。
 ただの放蕩オヤジではなく、ある意味では気品のようなものもなくてはならず、とにかく愛嬌があって、みんなに愛される。そういう人物を表現するのは非常に難しいことですが、そこを目指して全員で頑張ります。
 日本語がわかる方でしたら誰でもわかる作品ですので、文楽を観たことがないという方にも、ぜひ観に来ていただきたいですね。

タグ
制作者・出演者が語る『不破留寿之太夫』

チケットのお申込み

新作文楽 不破留寿之太夫

2014年9月6日(土)~9月22日(月)

電話・インターネット予約開始 8月7日(木)10時~

電話からのお申し込み
国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時) 0570-07-9900 | 03-3230-3000 (PHS・IP電話)
一般のみ取扱
チケットぴあ 0570-02-9999
インターネットからのお申し込み
  • パソコンからのご購入はこちら
  • スマートフォンからのご購入はこちら

※この公演では、インターネット予約の際、座席選択がご利用いただけます。

一般のみ取扱
  • パソコンからのご購入はこちら
  • ケータイからのご購入はこちら
窓口からのお申し込み
販売窓口はこちら 窓口販売開始  8月8日(金)10時~

国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時)

アクセス

アクセスマップ

〒102-8656東京都千代田区隼町4-1
TEL:03-3265-7411(代表)
半蔵門線 半蔵門駅 1番出口から 徒歩約5分
有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅
4番出口から 徒歩約8分
国立劇場 小劇場 アクセスマップはこちら