[新作文楽]シェイクスピア=作 「不破留寿之大夫(ふあるすのたいふ)」

ブログ&コラム

2014年7月18日

不破留寿なひとびと

 シェイクスピア作『ヘンリー四世』『ウィンザーの陽気な女房たち』をもとにした新作文楽『不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)』。普段は悲劇が多い文楽では珍しく「喜劇」の登場です。
 文楽ファンのみならず、これまでに文楽を見たことがない方々にもその魅力を伝えられる新作をつくるために、豪華な顔ぶれが結集しました。










【監修・作曲】鶴澤清治
つるさわ・せいじ/文楽三味線の人間国宝として活躍し、古典の復活や新作の作曲にも意欲的。同じくシェイクスピア作品『テンペスト』をもとにした新作文楽『天変斯止嵐后晴(てんぺすとあらしのちはれ)』や、『杉本文楽 曾根崎心中』なども手がけています。鶴澤清治には、長年〈フォルスタッフを文楽にできないか〉という思いがあり、今回それが実を結びました。企画の中心人物として公演全体の監修と作曲をつとめます。










【脚本】河合祥一郎
かわい・しょういちろう/東京大学教授として教鞭をとるだけでなく、『ハムレットは太っていた!』『謎ときシェイクスピア』など多くの著作や、シェイクスピア作品の翻訳で知られています。『リチャード三世』をもとにした『国盗人』など戯曲も執筆。『ヘンリー四世』と『ウィンザーの陽気な女房たち』を合体させた今回の『不破留寿之太夫』は、シェイクスピアの「ことば遊び」が義太夫節にどう取り入れられているかも聴きものです。












【美術】石井みつる
いしい・みつる/英国留学後、長年にわたり国内外で演劇、オペラなど数々のプロダクションで舞台美術家として活躍し、今回は舞台美術だけでなく人形の衣裳デザインも手がけます。国立劇場では江戸川乱歩の『人間豹』を歌舞伎化した『江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ)』『京乱噂鉤爪(きょうをみだすうわさのかぎづめ)』の衣裳デザインをご記憶の方も多いのでは? 立体的な舞台美術、生地や細部の装飾にもこだわった和洋折衷の衣裳をお楽しみに。



 各界の第一人者が知恵を絞り合い、これまでにないスケールの新作文楽が誕生する予感大。
 この3人が一堂に会し行われたスペシャル座談会の様子は……順次公開!

タグ
文芸関係者の紹介

チケットのお申込み

新作文楽 不破留寿之太夫

2014年9月6日(土)~9月22日(月)

電話・インターネット予約開始 8月7日(木)10時~

電話からのお申し込み
国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時) 0570-07-9900 | 03-3230-3000 (PHS・IP電話)
一般のみ取扱
チケットぴあ 0570-02-9999
インターネットからのお申し込み
  • パソコンからのご購入はこちら
  • スマートフォンからのご購入はこちら

※この公演では、インターネット予約の際、座席選択がご利用いただけます。

一般のみ取扱
  • パソコンからのご購入はこちら
  • ケータイからのご購入はこちら
窓口からのお申し込み
販売窓口はこちら 窓口販売開始  8月8日(金)10時~

国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時)

アクセス

アクセスマップ

〒102-8656東京都千代田区隼町4-1
TEL:03-3265-7411(代表)
半蔵門線 半蔵門駅 1番出口から 徒歩約5分
有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅
4番出口から 徒歩約8分
国立劇場 小劇場 アクセスマップはこちら