日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > ご支援について  > 文化芸術復興創造基金  > 助成事例集 原爆の図丸木美術館

芸術文化振興基金

文化芸術復興創造基金

原爆の図丸木美術館

埼玉県東松山市にある原爆の図丸木美術館は、画家の丸木位里、丸木俊夫妻が描いた「原爆の図」連作やほかの共同制作、位里の母・丸木スマの絵画作品を常設展示し、国際的に活躍する現代美術作家の企画展を試みています。当館では2021年、このたびの助成金を活用し、丸木夫妻の「原爆の図」を紹介するプログラム(日本語・英語バイリンガル、字幕付)、白川昌生個展(日本語)の配信映像制作費、作品資料デジタル作業費の一部を補てん、資金不足で中断を余儀なくされていた配信映像の制作を再開し、2022年1月~5月の期間中には、丸木位里、藤井光の展覧会、丸木夫妻の作品の修復作業を紹介する配信映像(日本語・英語字幕)を随時公開していきます。こうした配信映像の取り組みは、ネット環境を通じて、さまざまな事情で来館できない方々や、国内外の多くの方々にひろく当館の魅力を伝えることができ、新たな展示の鑑賞体験を提供する可能性をひめています。ウィズコロナ時代における美術館活動として今後も続けていきたいと思います。

原爆の図丸木美術館
埼玉県東松山市下唐子1401

 原爆の図丸木美術館 >

配信映像は、美術館YouTubeチャンネルで公開しています

https://www.youtube.com/channel/UCIBTWTHjtmOyRNm6bWjyJLw

公開中の配信映像

「広島から今日、そして未来へ~核の時代に考える命と芸術」(日本語・英語バイリンガル、字幕付)2021年8月6日公開

「白川昌生個展『ここが地獄か、極楽か。』オンラインパフォーマンス「追悼碑を建てる」配信アーカイブ」(日本語)2021年8月16日公開

「生誕120年 丸木位里展 実験の軌跡をたどる」(日本語字幕)2022年1月8日公開

※ほか配信映像(日本語・英語字幕)等は、2021年1月~5月の期間中に随時公開予定