日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 平成26年度  > 舞妓はレディ

芸術文化振興基金

舞妓はレディ

映画製作への支援 劇映画

株式会社アルタミラピクチャーズ
助成金額 21,000千円

活動概要

アルタミラピクチャーズは、安定した製作基盤と映画スタッフの人材育成、権利保護システムの確立を目的として、1993年に設立。

社名のアルタミラは世界遺産にも登録されているスペインのアルタミラ洞窟壁画のこと。人々にいつも新しいイメージ(感動)をもたらす映画の提供をめざしている。

映画「舞妓はレディ」は、京都の舞妓になるために修業をする少女の成長物語。舞や三味線、鼓などの稽古をはじめ、美しい京都の言葉など日本固有の文化を学ぶ姿が描かれる。入念な取材を行い、ディティールにこだわった演出により日本の格式と伝統のひとつである舞妓という存在をわかりやすく示した。日本映画としては希少な、ミュージカル映画というジャンルに本格的に挑んだ。

撮影は2013年5月より75日間、編集・仕上げは2013年7月より260日間行った。完成試写は2014年4月。2014年9月より劇場公開。上映時間135分。

映画「舞妓はレディ」より

映画「舞妓はレディ」より

助成を受けて

本作は、現代生活のなかでは意識することの少なくなった日本的な美の世界を、舞妓修業という題材を通して描いた映画です。こうした原作のないオリジナルの企画を映画にする場合は取材や資料収集が欠かせないのですが、その取材などにも時間と費用がかかります。企画が具体化するまでは、取材費なども自己負担をしなければならず経済的にも大変です。

また、ミュージカル映画は、通常の映画よりも製作費がかかるため、助成金がなければ実現は不可能でした。

クランクインまでの1年間はオープンセット作りや音楽制作、振付などを行いました。京都の花街を舞台としていますが、実際の花街ではなくオープンセットを建てて撮影を行いました。花街を表現するための美術を作ることで、技術的な蓄積ができましたし、映画として自由な表現が可能となりました。

映画のなかには、日本の伝統芸能や京都の美しい景観が写し込まれています。この映画を通して、海外に日本の伝統文化や風景の魅力を伝えることができると感じています。

また、日本で本格的なミュージカル映画を作ることができたことは大きな話題を呼び、映画業界内にも大きな刺激を与えたと思います。これからも娯楽性と芸術性を兼ねそなえたクオリティーの高い劇映画を製作していきたいと思います。

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス1203
株式会社アルタミラピクチャーズ
Tel:03-5456-8581
URL:http://altamira.jp/(外部サイトへリンク)

その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら