日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 平成26年度  > あいち国際女性映画祭2014

芸術文化振興基金

あいち国際女性映画祭2014

国内映画祭等の活動 国内映画祭

公益財団法人あいち男女共同参画財団
助成金額 2,500千円

活動概要

あいち男女共同参画財団は、男女共同参画社会の実現をめざすことを目的とした団体で、男女が性別にかかわりなく、自立した人間として個性と能力を十分発揮することができるよう、社会のあらゆる分野における活動への参画を目指して活動を行っている。

あいち国際女性映画祭は、日本で唯一の国際女性映画祭で、1996年より毎年開催。映像文化を通じた女性の社会進出の支援をはじめ、男女共同参画や国際交流に関する理解を促進している。

19回目となる2014年は、ウィルあいち(愛知県名古屋市)において5日間、弥富市中央公民館ホール(愛知県弥富市)にて1日開催。合わせて29回の上映を行った。

上映作品は、女性監督による新作を中心に28本を選出。また監督やゲストによるトークイベントやシンポジウムなども実施した。

監督合同記者会見

ショートフィルム・コンペティション表彰式

助成を受けて

国内で唯一の国際女性映画祭としての役割をどのように果たすべきか、いろいろ模索していますが、今回は初の試みとして国連広報センターとの連携企画を実施しました。アフリカのリベリアを平和に導いた女性たちの活躍を描いたドキュメンタリー映画『悪魔よ地獄へ帰れ』を上映。その後、国連広報センター所長を進行役として、国連地域開発センター所長や紛争地域で活動している写真家をゲストに招いてシンポジウムを開催し、映画を通して西アフリカ地域の紛争と女性たちの現状についてお話いただきました。

助成金をいただくことによって、国内外からシンポジウムやトークイベントのためのゲストを多数招聘することができました。また、ショートフィルム・コンペティションの準グランプリも1枠増やし、若手監督の育成と支援を行うことができました。

今回の映画祭を通じて、New York Cine Festというアメリカの映画祭とのつながりができたことも大きな収穫のひとつです。これにより当映画祭のフィルム・コンペにノミネートされた監督に、海外で上映する機会を提供できるようになりました。

一方で課題もあります。これまで映画祭を19回実施していますが、知名度はまだ高くありません。また客層の中心は高年齢層の女性で、なかなか若年層の男女に来場いただけていません。限られた予算ではありますが、もっと効果的に広報活動を行わなくてはならないと感じています。

〒461-0016
愛知県名古屋市東区上竪杉町1
公益財団法人あいち男女共同参画財団
Tel:052-962-2512
URL:http://www.aichi-dks.or.jp/(外部サイトへリンク)

その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら