日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 平成25年度  > 映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご

芸術文化振興基金

映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご

映画製作への支援 アニメーション映画 長編

株式会社サンライズ
助成金額 20,000千円

活動概要

本作品は、約30年にわたって愛され続けている国民的児童書シリーズ「かいけつゾロリ」(累計部数3,300万部)を継続的に劇場アニメ化していくことで、男女低学年の子どもたちと、就学前のまだ文字を読めない子どもたちに、より多くの夢と希望を与えたいと製作されたアニメーション。また、この映画製作を通じ、将来的に世界に向けて発信できる日本文化の担い手を育成することも企図されている。

製作期間は約1年間。映画の上映時間は約80分。平成25年12月14日~平成26年4月30日(予定)にて、全国テアトルシネマグループにてロードショー。声の出演はゾロリを山寺宏一、イシシを愛河里花子、ノシシをくまいもとこ、ディナを水樹奈々、きょうりゅうママを野沢雅子が熱演。監督を岩崎知子、脚本をもりたけし、キャラクターデザインを船越英之が担当した。

あらすじは、ゾロリとイシシ&ノシシは、きょうりゅうママからたまごが生まれたと聞き、一目見ようと、きょうりゅうが住む“おっとっ島”を訪れた。楽しい時間を過ごしていたが、夜に台風が直撃し、たまごが海に飛ばされてしまった。大荒れの海に飛び込むゾロリたちは無事にたまごを持ち帰ると、きょうりゅうの家族に約束する。果たして、無事にたまごを家族の元へ届けることができるのか。

ハッラハラ、ドッキドキの冒険物語は、子供たちを魅了した。

「映画かいけつゾロリ
まもるぜ!きょうりゅうのたまご」
ポスタービジュアル

ゾロリ、イシシ、ノシシの目の前には
大きな恐竜のたまご!

〒167-0023
東京都杉並区上井草2-44-10
株式会社サンライズ
Tel:03-3397-0211

その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら