日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 平成25年度  > 「満月~みんなの歌シリーズより~」

芸術文化振興基金

「満月~みんなの歌シリーズより~」

トップレベルの舞台芸術創造事業 演劇〔公演単位支援型〕

南河内万歳一座
助成金額 7,000千円

活動概要

1980年大阪芸術大学の有志で旗揚げした南河内万歳一座は、結成以来30年以上大阪を拠点とし、新しい作品や取組を実施してきた。大阪という地域の中で「劇団」という拠点を持つことによって観客を育成し、大阪の文化度を高めようと活動している。

本活動「満月~みんなの歌シリーズより~」は、過去に上演した「みんなの歌」三部作をまとめて、リニューアルした作品である。「みんなの歌・1」は、生きるための想像に力尽きた者達が、死への一人旅で列車に乗る道中を描いたもの。「みんなの歌・2」は、妙な、行き先不明の列車に乗り合わせてしまった乗客たちのストーリー。「みんなの歌・3」は、もう生活の中で夢を見られなくなってしまい、キセル乗車だけに生きがいとアイデンティティを感じる主人公が、列車から逃走後、彷徨する魂と出会い、線路を引き返していく物語。行き先不明の列車に乗っているという暗喩の舞台空間で、誰かの夢の中で生かされている大衆がいる。夢にも思わぬ現実が向かい合ってしまったら? 現実が夢を超えてしまった今、私たちは、その列車で何を思うのか。

三作に共通するのは、列車、生死、魂、夢である。それらを一つにまとめ上げ、演劇の幻想文学的展開の21世紀から生まれるスタイルを模索した。観客の想像力に訴え、豊かな芸術文化を提供した。

浪曲師の春野恵子氏を迎え、作品に浪曲を取り入れたことで、浪曲ファンも会場に足を運ぶことができ、他方、演劇ファンに浪曲の魅力を提供できた。また、関西小劇場の若手や演劇を学ぶ大学生をキャスティングしたことで、今まで交流の機会が少なかった若い世代も多数来場していた。

「満月~みんなの歌シリーズより~」

「満月~みんなの歌シリーズより~」

〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-27-19-2F
南河内万歳一座
Tel:06-6533-0298
URL:http://banzai1za.jp(外部サイトへリンク)

その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら