日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 平成25年度  > 「真夏の夜の夢」「ケルツ」

芸術文化振興基金

「真夏の夜の夢」「ケルツ」

トップレベルの舞台芸術創造事業 舞踊〔公演単位支援型〕

特定非営利活動法人日本バレエアカデミーバレエ団
助成金額 16,300千円

活動概要

本活動は、「真夏の夜の夢」と「ケルツ」。英国ロイヤルバレエの大ヒット作「不思議の国のアリス」を振付した若手振付家クリストファー・ウィールドンの作品「真夏の夜の夢」を上演した。妖精王オベロンは女王タイタニアとの諍いから、惚れ薬を使ったちょっとしたいたずらを企て、妖精パックに命ずる。そこへ駆け落ちをしようと森の中へやってきた若いカップルと友人たち、さらには森の中で寸劇の練習に来た町の職人たちを巻き込み、大騒動を繰り広げる内容となっている。

同時にライラ・ヨーク振付による「ケルツ」も上演。特に具体的なストーリーがあるわけではなく、バグパイプを生かした民俗音楽に乗り、キルトの衣装を着けたダンサーたちがアイリッシュダンスを踊る作品である。過去の人々にとって厳しかった時代や、喜び等を表現している。

また、ゲストアーティストにはサンフランシスコ・バレエ団よりプリンシパルダンサーであるダヴィッド・カラペティヤンを招聘し、一切の妥協を排し、考えられ得る最高のメンバーで舞台を創造することができた。

平成25年6月23日、メルパルクホール(東京都港区)にて2回公演。衣装、舞台装置ともにアメリカからレンタルし、世界最先端を行くウィールドン氏、ヨーク女史の作品を、日本のバレエ団として初めて日本の観客に紹介することにより、好評を得た。観客のみならず、ダンサーにとっても踊りの質の向上への寄与が感じられる活動であった。

「真夏の夜の夢」
ディビッド・カラペティアン(サンフランシスコバレエ)
峰岸千晶(NBAバレエ団) 他 NBAバレエ団ダンサー
(撮影:鹿摩隆司)

「真夏の夜の夢」
オリバー・ホークス 岡田亜弓(NBAバレエ団)
(撮影:鹿摩隆司)

〒359-1102
埼玉県所沢市岩岡町281-11
特定非営利活動法人 日本バレエアカデミーバレエ団
Tel:04-2924-7000

その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら