日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > ベストマジシャンズフェスティバル(東京公演)

芸術文化振興基金

ベストマジシャンズフェスティバル(東京公演)

トップレベルの舞台芸術創造事業 大衆芸能 奇術

公益社団法人日本奇術協会(東京都新宿区)
助成額 1,500千円

活動概要

昭和11年に、職業奇術師の親睦と団結によって集まって以来、現在、第10代会長渚晴彦の下、会員一同一丸となり、技術や芸術性の向上、奇術の普及、振興並びに奇術界全般の地位向上や我が国の文化の発展に寄与することを目的として日々活動しており、当協会活動の一環としてベストマジシャンズフェスティバルを実施している。


日頃の技芸の研鑽によって、高い評価を受け選出されたマジシャンによるフェスティバル。
定例公演に比べてリハーサル時間を多く設定し、さらに本番での演技時間を指定しない、創意を取り入れた音響・照明・舞台操作を可能にしているなど、最高の技芸を披露できる環境を作っているため、マジシャンであれば一度は踏みたい舞台と言われている。


  今回の公演では、選ばれたトップマジシャンが、それぞれ熟練の芸でお客様に感動を与える演技を披露した。
また、マジック界に旋風を巻き起こしている、話題の女性アイドルマジシャングループ”プリマベーラ”の繰り広げるスピーディーで華麗なマジックの数々は、観客からも大歓迎された。入場者の中には、マジックを知らない一般のお客様をはじめ、技術の向上を目指す若いマジシャンも多く、新たな奇術ファンの獲得や奇術の振興、向上に寄与することができた。

ベストマジシャン藤本明義
ベストマジシャン藤本明義

ベストマジシャン北見マキ
ベストマジシャン北見マキ

助成を受けて

トップレベルの舞台芸術創造事業として助成を受け、また、一層観客の期待に応えるためにも、熟練した奇術家であろうともその場にとどまることなく精進し続けること、協会はその環境を作り出すことの重要性を再確認した。

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-20-3-402
公益社団法人日本奇術協会
Tel:03-3361-5221
E-mail:
URL:http://www.jpma.net/



その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら