日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 映画「よみがえりのレシピ」

芸術文化振興基金

映画「よみがえりのレシピ」

映画製作 記録映画B

映画「よみがえりのレシピ」製作委員会(山形県鶴岡市)
助成額 2,000千円

活動概要

映画製作のために、平成22年4月17日、主に山形県内の有志により、設立した任意団体である。山形県内外の農家や消費者と連携しながら、種を守る文化が教えてくれる食と農業の未来像を、一緒に描きたいと取り組んだ活動である。
製作委員のメンバーの出資を元に、平成22年5月から撮影を開始。
一般市民や企業・団体からの寄付(市民プロデューサーとして)を募り、また山形県からの委託事業なども行いながら、映画の製作や在来作物についての啓蒙活動も進めている。


食と農業に関する分野では、様々な問題が山積している。在来作物と呼ばれる伝統的な野菜や穀物の種を守る、小規模農家の姿を記録することで、かつては当たり前にあった食と農業の、豊かな価値観をもう一度生活に取り戻すことができるはずだとの強い思い。
親や親戚から受け継がれてきた種を守っている人々からは、作物への限りない愛情が伝わってくる。さらに、その作物を研究する人々、料理する人々の姿には、失われつつある地域社会の新しい姿がある。


在来作物と生産者に出会い、食と農業の豊かな関係を見出した人々が、人と人のつながり、絆のなかで、作物だけでなく多様な価値観を獲得していく姿を追った。
これからの地域の魅力を磨くために食文化を盛り上げていくことの重要性を生産者・消費者が共有することができた。市民プロデューサーという形で寄付を募集して映画が完成したことによって、山形という地方都市でも市民の協力を得て映画製作が可能であることを証明し、今後の映像文化への期待と機運を高めることができた。

新たな調理法でよみがえった在来作物
新たな調理法でよみがえった在来作物

焼き畑で復活した藤沢カブ
焼き畑で復活した藤沢カブ

助成を受けて

市民出資型の映画製作であっても、映画の企画が助成対象事業として評価されたことで、出資した市民もこの映画製作の意義を強く認識することになった。映画の製作に関わった人々の結束もさらに深まり、地域に新たなつながりを生むことにもなった。
また、ポストプロダクションを充実させることができ、明るい希望が見えた。

〒997-0034
山形県鶴岡市本町2-5-15
映画「よみがえりのレシピ」製作委員会
Tel:090-6658-5524
E-mail:info@y-recipe.net
URL:http://www.y-recipe.net/



その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら