日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 民俗芸能後継者育成事業・横手市増田民俗芸能フェスティバル開催

芸術文化振興基金

民俗芸能後継者育成事業・横手市増田民俗芸能フェスティバル開催

民俗文化財の保存活用活動

増田地域センター運営協議会(秋田県横手市)
助成額 300千円

活動概要

平成14年に、増田地域の居住者で、自治意識の高揚と地域住民の連帯意識の向上を図ることを目的に発足した。平成15年には、後継者不足の伝統芸能団体を支援するため、民俗芸能教室を開催したのをはじめ、子ども民俗芸能体験教室、八木番楽子ども教室等々を開催し、その伝承保護に努めてきた。
さらに、その教室での練習成果の発表の場所として、11月に第1回増田町民俗芸能フェスティバルの開催に踏み切り、以後毎年民俗芸能教室とともに民俗芸能フェスティバルを開催している。このような継続した取り組みにより、認知度も高まり、民俗芸能保存・伝承の必要性を地域一体で感じる雰囲気が浸透してきて、着実に地域の認知度が高まってきている。
今回は、7団体の参加となり、出演者は100人にものぼり、入場者は350名を超え、当日のアンケートから市外からの観光客も増加していることが、判明した。また、岩手県から招いた金津流鶴羽衣鹿踊の特別出演も含め、民俗芸能の素晴らしさを一般市民に伝える絶好の機会ともなった。
秋田県内では、県主催大会に次ぐ規模の民俗芸能の公開事業となった。

八木番楽
八木番楽

角館おやま囃子
角館おやま囃子

助成を受けて

このような活動の公開は、地方の民俗芸能の伝承保護活動や人材育成等への理解と関心を高める重要な機会となる。助成により、多くのポスターを製作し、より広いエリアに掲示し、周知することができた。その結果、入場者が350名を超え、県外からの来場者が大幅に増加した。
助成の支援は、参加者たちにも、この活動が、継続して取り組んでいくべき重要な活動であることをさらに強く認識させた。

〒019-0701
秋田県横手市増田町増田字新町285
増田地域センター運営協議会
Tel:0182-45-5556
E-mail:-
URL:http://www6.ocn.ne.jp/~masudatc/



その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら