日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 芸術文化振興基金について  > 助成事業事例  > 太陽の塔

芸術文化振興基金

太陽の塔

現代舞台芸術創造普及活動 演劇 現代演劇

有限会社岡部企画(神奈川県川崎市)
助成額 2,100千円

活動概要

昭和45年、劇団「空間演技」を設立。平成2年、劇団「空間演技」及び他の劇団で上演できない岡部作品の上演を目的として、企画制作会社、「有限会社岡部企画」を設立。 「劇団制に囚われない斬新な演劇活動」、「地方から中央への文化の発信」、「ワークショップによる演劇人の育成」、「近代から現代までの戯曲を発掘し時代に即した解釈での上演」を目的として活動している。


今回の活動では、平成23年に生誕100年記念の年を迎えた岡本太郎を取りあげた。 「人類の進歩と調和」に抗議し、瞬間瞬間に爆発するその生き方から、前衛絵画作家として、その奇抜な言動やユニークな存在のみで語られていた岡本太郎。 彼の生い立ちや両親との複雑な関係を描くことにより、岡本太郎の知られざる人間像を捉えることに主眼をおいたことで、人間岡本太郎とその作品をまったく新しい視点から見つめなおすこととなった。


また、1970年代、高度経済成長がもたらした、万国博覧会、日航機よど号乗っ取り事件、連合赤軍事件、三島由紀夫割腹事件など激しく揺れ動く時代を振り返り、その後のモーレツ時代に対する反省など日本の歴史の推移を描き、あの時代の日本を検証することにもなり、絶賛を受けた。


画家 岡本太郎
画家 岡本太郎

「太陽の塔」完成
「太陽の塔」完成

 



助成を受けて

岡本太郎のアトリエの再現、「太陽の塔」の大型模型、太郎の絵画の実寸大複製、俳優による生エレキバンド。大胆な舞台美術や、細部にまでこだわった小道具、衣裳など、どれも忠実に再現できたのは、質の高いスタッフの協力が得られたからである。助成による支援が得られたことで作品完成にかける全員のモチベーションが高まり、完成度の高い作品に集約されるという絶大な効果があった。



〒214-0031
神奈川県川崎市多摩区東生田1-12-7
有限会社岡部企画
Tel:044-933-9754
E-mail:nana5years@yahoo.co.jp
URL:http://www3.plala.or.jp/koudai/



その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら