日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > クラシカル・プレイヤーズ東京 演奏会

芸術文化振興基金

クラシカル・プレイヤーズ東京 演奏会

地域の文化振興等の活動 地域文化施設公演・展示活動(文化会館公演活動)

山形テルサ
助成金額  600千円

活動概要

 山形テルサは山形市直営の施設で、山形市民の教養の向上及び文化交流の振興等を推進するとともに、市民生活の向上と福祉の増進を図るため、幅広いニーズに応じた事業の企画、提供を行っている。



 平成24年10月、バロック・古典派の楽曲が作曲された当時の楽器(オリジナル楽器)を用いて、その時代背景と作曲家の真髄をともに伝える演奏活動を行っているクラシカル・プレーヤーズ東京の演奏会を開催した。
 演目は、クラシック専門ホールであるテルサホールの特性を最大限活かせるよう、W.A.モーツァルト「交響曲第25番ト短調K.183」、W.A.モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466」、G.ビゼー「交響曲ハ長調」にし、指揮は有田正広氏、ソリストには、フォルテピアノ演奏者の仲道郁代氏を迎え、本格的な古楽器による演奏会となった。
 それぞれの地元である岩手県、宮城県の地元を中心とした上映会を行い、山形県からの2団体は福島での上映会を担当し、平成23年6月に開始してからの約2年間で400回を越える上映会で、1万5000人を越える人たちに映画を楽しんでいただくことができた。

 また、この演奏会は、東京芸術劇場との共同制作公演で、山形テルサでは初の試みとなる他県会館との連携事業であり、公演の成功は、良質の音楽文化を山形の地域住民に広く提供したばかりでなく会館間の連携事業として確固たる実績を残すことができた。

クラシカル・プレイヤーズ東京演奏会
(オリジナル楽器使用)
クラシカル・プレイヤーズ東京演奏会
(オリジナル楽器使用)

ソリスト:仲道郁代(フォルテピアノ)
ソリスト:仲道郁代
(フォルテピアノ)

 

助成を受けて

 自主財源だけでの企画がなかなか難しいジャンルへ挑戦することができ、これまでの公演企画では成しえなかった演奏会を実施することができた。また、チケット料金を低料金に設定することができ、多くの地域住民へ良質の演奏鑑賞機会を提供できた。

〒990-0828
山形県山形市双葉町一丁目2番3号
山形テルサ
Tel:023-646-6677
URL: http://www.yamagataterrsa.or.jp/



その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら