日本芸術文化振興会トップページ  > 芸術文化振興基金  > 小規模小学校巡回公演

芸術文化振興基金

小規模小学校巡回公演

舞台芸術等の創造普及活動 現代舞台芸術創造普及活動 演劇

公益社団法人教育演劇研究協会/劇団たんぽぽ
助成金額 5,000千円

活動概要

 我が国では、親が文化・芸術体験にわが子を誘うことはまだ少なく、学校内での鑑賞教室が児童生徒の文化体験の唯一の機会となっている。しかし、地理的要因、経済的要因で小規模校はその機会に恵まれていないのが現状である。劇団たんぽぽは、このような格差是正の一助になりたいと、全国の小規模小学校巡回公演を、系統的かつ継続的に実施してきている。

 平成24年4月18日から平成25年2月25日まで、静岡、愛知、滋賀、長野、山梨、北海道、沖縄の各地の小規模小学校の体育館を舞台にした巡回公演が、平成24年度助成対象活動として採択された。小規模な小学校では合同鑑賞とするなどの工夫をして、計画的に演劇体験の機会を提供することが出来、訪問した小規模小学校は、最少校5名から最多校の415名までの150校で、約26,000名の児童が公演を鑑賞した。
 公演作品は、原作:那須正幹、脚色:久野由美『ズッコケ妖怪大図鑑』2幕、原作:阿部夏丸、脚色:松下哲子『うそつき大ちゃん』2幕、原作:佐野洋子、脚色:久野由美『100万回生きたねこ』1幕、原作:さねとうあきら、脚色:久野由美の『赤ガラス大明神』1幕の4本である。

 劇団に寄せられた感想文からは、子どもたちの生き生きとした様子がうかがえた。子どもたちが、演劇をはじめとする優れた文化芸術に直接触れる機会を持つことは、心豊かでたくましく、人の心の痛みが分かる感性を育てるのに大いに役立つものである。多くの子供たちに豊かな感性を育む演劇公演を享受する機会を提供することができた。

ズッコケ妖怪大図鑑
ズッコケ妖怪大図鑑(撮影:山崎和男) 

赤ガラス大明神
赤ガラス大明神(撮影:山崎和男)

 



助成を受けて

 小規模小学校巡回公演事業においては、大道具、小道具、衣装、照明機材、音響機材は、毎回設営・取り外しを行う過酷な状態にあり、さらにトラックで舞台装置一式を運搬しなければならない。
 助成によって充実した舞台装置の製作・運搬が可能となり、夢のある舞台を作り出したことで、子どもたちに大きな感銘を与えることができた。





〒435-0015
静岡県浜松市東区子安町323-3
公益社団法人教育演劇研究協会/劇団たんぽぽ
Tel:053-461-5395
URL:http://www.gekidan-tanpopo.com/



その他の事例を探す

  • 舞台芸術等の創造普及活動
  • トップレベルの舞台芸術創造活動
  • 国内映画祭の活動
  • 映画製作への支援
  • 地域の文化振興等の活動
  • 基金部トップページへ
助成へ応募される方はこちら