歌舞伎公演ニュース

2019年12月26日

【初春歌舞伎】

尾上菊五郎が意気込みを語りました!

 令和2年初春歌舞伎公演は、『通し狂言 菊一座令和仇討(きくいちざれいわのあだうち)』を上演します。
 文化・文政期の江戸歌舞伎を支えた作者・四世鶴屋南北の幻の名作を、お正月にふさわしく華やかで娯楽性豊かな通し狂言として復活! 原作の面白い設定や趣向を借りながら新たに創作する仇討ちの物語です。また、国立劇場では8年ぶりに両花道も使用します。
 公演に先立ち、尾上菊五郎が意気込みを語りました。

◆◆◆


尾上菊五郎
(幡随院長兵衛/寺西閑心実ハ蒲冠者範頼)

 四世鶴屋南北の『御国入曽我中村(おくにいりそがなかむら)』をアレンジしたのが今回の『菊一座令和仇討』です。笹野権三(ささのごんざ/尾上松緑)・白井権八(しらいごんぱち/尾上菊之助)が、互いに互いの悪い養父を殺したことで、それぞれが親の敵になったり、権八が小紫という女性になったり……、話が奇想天外でとても面白く、私たちでこれから味付けをしながら、正月狂言らしく華やかな作品に仕上げたいと思っています。外題に“菊一座”とありますが、今はやりの“ONE TEAM(ワンチーム)”とあてて、ぜひ『ONE TEAM 令和仇討』と読んでいただきたい(笑)。

 私は幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)と寺西閑心(てらにしかんしん)実ハ蒲冠者範頼(かばのかんじゃのりより)を演じます。
 長兵衛では権三・権八を立てられるようにしたいと思っています。閑心では少し三枚目になってしまおうかなと(笑)。身をやつした小悪党・閑心が、正体を顕すと……。
 それぞれに全然違いますから難しいですね。

 「福寿湯の場」という銭湯の場面があるので、今人気の“スーパー銭湯”を模した雰囲気にしようかな、「古寺の場」ではお化けを出そうかなと、今皆でアイデアを出し合っているところです。年末の“紅白歌合戦”を観ながら浮かんだアイデアを、年明けの稽古から芝居に取り入れたこともあります。

 両花道を使った演出や大詰の立廻りなど、見どころがたくさんあります。一場一場大切に創ったお芝居をお客様に楽しんでいただいて、「今年も歌舞伎を観て過ごそう」と思っていただけたら嬉しいです。

◆◆◆

 毎年恒例の楽しい趣向が盛りだくさんの作品で、令和初のお正月を賑やかに飾ります。
 また、ロビーでは初日開演前の鏡開きをはじめ、お正月ならではのおもてなしで皆様をお迎え致します。 ご来場を心よりお待ちしております。


初春歌舞伎公演は、3日(金)から27日(月)まで 12時開演
※但し、10日(金)、17日(金)は午後4時開演


チケット好評販売中!
国立劇場チケットセンターはこちら ≫

↓公演の詳細はこちら↓