歌舞伎公演ニュース

2020年1月3日

【初春歌舞伎】
『菊一座令和仇討』が初日を迎えました

 1月3日(金)、初春歌舞伎公演『通し狂言 菊一座令和仇討(きくいちざれいわのあだうち)』が初日を迎えました。


初日鏡開きの様子
(左より)尾上菊之助、尾上松緑、河村潤子<日本芸術文化振興会理事長>、
尾上菊五郎、中村時蔵

 開演前には出演者による鏡開きが行われ、尾上菊五郎は「今年のお芝居も初春らしく序幕から大詰まで色々な趣向を凝らしております。どうぞ存分にお楽しみください。」と語りました。
 出演者が手にした木槌で酒樽の蓋を開くと、わっと歓声が上がりました。

 令和になって最初の初芝居を飾る初春歌舞伎公演『菊一座令和仇討』。文化・文政期を代表する歌舞伎作者・四世鶴屋南北の幻の名作『御国入曽我中村(おくにいりそがなかむら)』を大胆にアレンジ! 鎌倉時代の御家騒動を背景に、幡随院長兵衛など人気の登場人物たちが縦横無尽に活躍します。


菊五郎の幡随院長兵衛


時蔵の三日月おせん


松緑の笹野権三


菊之助の白井権八


菊五郎の蒲冠者範頼

 鎌倉幕府の執権・大江家の家督争いを背景に、物語の鍵を握る謎の美女・三日月おせん(中村時蔵)の活躍や、互いに養父の敵同士となった大江家の家臣・笹野権三(尾上松緑)と白井権八(尾上菊之助)の立廻り、そして大江家の重宝紛失事件の裏に見え隠れする頼朝の弟・蒲冠者範頼(尾上菊五郎)のさらに大きな謀略など、趣向の凝らされた展開に舞台から目が離せません!
 そして、寺西閑心(尾上菊五郎)とおせん夫婦、権三、権八の秘められた素性が明らかとなり……。

 国立劇場では8年ぶりに両花道を使用し、初春にふさわしい娯楽性豊かで華やかな舞台を繰り広げます。
 国立劇場の初芝居をどうぞお楽しみください。


初春歌舞伎公演は1月27日(月)まで
12時開演 但し、10日(金)・17日(金)は午後4時開演 

チケット好評販売中
国立劇場チケットセンターはこちら ≫

↓公演の詳細はこちら↓