歌舞伎公演ニュース

2021年12月15日

【初春歌舞伎公演】

通し狂言『南総里見八犬伝』

尾上菊五郎、中村時蔵、
尾上松緑、尾上菊之助が
意気込みを語りました

 国立劇場開場55周年記念の令和4年初春歌舞伎公演は、通し狂言『南総里見八犬伝』を上演します。不思議な因縁で結ばれた八人の勇士〈八犬士〉が、里見家再興のために立ち上がります。7年ぶりとなる今回、新たに台本を補綴し、さらに練り上げてご覧いただきます。新年の幕開けにふさわしい華やかな舞台にご期待ください。
 公演に先立ち、尾上菊五郎、中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助が意気込みを語りました。



[左より]尾上菊之助中村時蔵
尾上菊五郎尾上松緑
(それぞれ「仁義八行」のうち
「孝」「智」「忠」「信」の珠を手に)

◆◆◆



尾上菊五郎
(犬山道節)

 犬山道節を勤めさせていただきます。曲亭馬琴によるこの長大な物語を、いかに緊張感ある芝居にするかが大切です。八犬士にばかり目が行って、一番の悪者である扇谷定正が小さくなってもいけません。今は、7年前の前回(平成27年1月国立劇場)よりさらに面白い舞台になるように、一所懸命構想を練っております。
 道節には、妹の浜路と別れる愁嘆場のような場面があって、そこがお芝居らしいところとも言えますから、しっかりお見せした上で、“火遁の術”や村雨丸の凄さを表していきたいなと思っています。
 このお正月の国立劇場の舞台を面白く創り上げて、お客様が「また歌舞伎を観たいな」「これからもずっと歌舞伎を観よう」という気持ちになっていただけるような作品にできたら一番良いと思います。

◆◆◆


  
中村時蔵
(犬坂毛野)

 前回に引き続き、犬坂毛野を勤めさせていただきます。前回は、菊五郎のお兄さんの提案で中国風の扮装にして剣の舞を舞うことにしましたが、お兄さんは、きっと香港映画に出ていたチャン・ツィイーさんなどをイメージされたのだと思います。なかなかそこまではできないかもしれませんが、我らが“ビッグボス”の命令でございますので、振付についても相談しながら、頑張っていきたいと思います。
 男が女に化けているという面白みがうまく出せるかが大切です。毛野はずっと(七代目)尾上梅幸のおじ様がなさっていた役で、おじ様は白拍子の格好でなさっていました。中国風に剣の舞をする毛野は、私が初めてということになりますので、私の形が後々もずっと残っていくようにしたいなと思っています。

◆◆◆



尾上松緑
(網乾左母二郎/犬飼現八)

 犬飼現八は、十二代目市川團十郎のおじ様がとてもかっこよく演じられていて、私の憧れの役でございました。その大好きな役で一年を明けさせていただけるというのはとてもありがたいことですし、お客様に爽快感を味わっていただけるよう演じたいと思います。
 網乾左母二郎は、現八の真逆のような悪役です。前回から7年の間に悪役も色々とさせていただきましたので、そうした経験を踏まえて、7年前よりも憎々しい左母二郎を見ていただければありがたいです。また、現八と左母二郎の対比も楽しんでいただきたいと思っています。
 息子の(尾上)左近も、7年前と同じく犬江親兵衛を勤めさせていただきます。彼もいろいろな舞台に出るようになって、芝居に対しても真摯な思いを持っています。どういう親兵衛を演じるのか、私もとても楽しみです。

◆◆◆


  
尾上菊之助
(犬塚信乃)

 国立劇場開場55周年という記念すべき公演で、人気狂言の『南総里見八犬伝』が上演できることをとても嬉しく思います。初春の国立劇場と申しますと、色々な趣向が入っていますので、どんな“ショータイム”が繰り広げられるか、ご期待ください。
 コロナ禍の中で『南総里見八犬伝』を上演するのは、とても意義があるように感じています。呪いにより里見の御家に降りかかった危難を解くため、伏姫の清らかな魂を伝えた八つの珠が八犬士のもとに出現し、その「仁義八行(じんぎはっこう)」の心によって悪を滅(めっ)していきます。
 この道徳を象徴する八行で悪を滅していく姿を通して、八犬士が大切にしている心を感じていただき、コロナ禍の中でも明るい希望を持っていただければと思います。私も“コロナ滅殺(めっさつ)”という思いを込めて勤めたいです。


◆◆◆

 尾上菊五郎を中心に、息の合った一座が繰り広げる極上の初芝居! どうぞご期待ください。
 なお、劇場には口上看板や積み樽、大凧などを飾り、初日から7日までは開演前の午前11時45分(予定)から舞台上で獅子舞を披露します。また、公演プログラムをご購入のお客様には抽選で、国立劇場オリジナル手ぬぐいのプレゼントも!
 新年の晴れやかさいっぱいに、皆様のご来場をお待ちしております。


初春歌舞伎公演『南総里見八犬伝』は
1月3日(月)初日、27日(木)まで!
※12日(水)、20日(木)は休演
12時開演(但し、14日(金)は午後4時開演)

チケット好評販売中!
国立劇場チケットセンターはこちら ≫