歌舞伎公演ニュース

2018年11月9日

【初春歌舞伎】扮装写真を公開!

 平成31年初春歌舞伎公演『姫路城音菊礎石(ひめじじょうおとにきくそのいしずえ)』に出演する尾上菊五郎、中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助の扮装写真を撮影しました。
 日本初の世界文化遺産の一つに指定された国宝〈姫路城〉。その天守に現れるという十二単衣と緋の袴を着た鬼女「刑部(小坂部)姫(おさかべひめ)」の伝説は、古来語り継がれ、歌舞伎でも様々な作品の中で取り入れられました。今回上演の原作『袖簿播州廻(そでにっきばんしゅうめぐり)』は、その伝説に、恩義のある武家に忠義を尽くす夫婦狐の報恩譚を加え、播磨国(現在の兵庫県)のお家騒動を描いた作品です。この原作の特色を活かしながら新たに台本を補綴して上演します。
 今回、チラシ等に先駆けて、扮装写真をご紹介します。

◆◆◆


印南内膳(いんなみないぜん)
(尾上菊五郎)


 播磨国の当主で姫路城の城主である桃井家(もものいけ)の家老。主君の修理太夫(しゅりだゆう)と嫡子の陸次郎(くがじろう)の窮地を救い、お家大事の忠臣ぶりを発揮する。しかし、修理太夫父子の死によって桃井家は断絶となる。実は内膳は……。

◆◆◆


碪の前(きぬたのまえ)
(中村時蔵)


 桃井家が断絶した後の姫路城の天守に妖怪変化が出没するとの噂。十二単衣と緋の袴を着た妖しくも美しい女性が夜な夜な現れるが、その正体は……?

◆◆◆


百姓平作(ひゃくしょうへいさく)
(尾上松緑)


 桃井家の重臣・古佐壁主水(こさかべもんど)は謎の死を遂げたが、不思議にも生き返る。百姓平作と名乗り、お家再興の機会を窺うが……?

◆◆◆


主水女房お辰(もんどにょうぼうおたつ)
(尾上菊之助)


 桃井家旧臣の娘で主水の女房。平作と改名した主水と百姓夫婦として暮らしながら、陸次郎の子で桃井の血筋を引く国松(くにまつ)を匿っている。舞子の浜で不運な目に遭うが……?

◆◆◆

与九郎狐(尾上松緑)
与九郎狐(よくろうぎつね)
(尾上松緑)
小女郎狐(尾上菊之助)
小女郎狐(こじょろうぎつね)
(尾上菊之助)

 以前、陸次郎から恩義を受けた狐の夫婦。断絶した桃井家の再興に向けて、どのように関わってくるのか……?

◆◆◆

 内膳の復讐と野望が実現するのか、それとも、桃井家の再興が叶うのか。
 姫路城を始めとする播磨国の名所を舞台に多彩な登場人物たちが躍動します。初芝居らしい娯楽作の通し上演に、どうぞご期待ください。

 初春歌舞伎公演『姫路城音菊礎石』は1月3日(木)~27日(日)
12時開演 但し、11日(金)、18日(金)は午後4時開演

チケットは12月6日(木) 午前10時予約開始!
国立劇場チケットセンターはこちら ≫

《公演の詳細はこちら》