歌舞伎公演ニュース

2018年12月6日

【12月歌舞伎】『通し狂言 増補双級巴―石川五右衛門―』絶賛上演中!

 3日(月)、12月歌舞伎公演『通し狂言 増補双級巴(ぞうほふたつどもえ)―石川五右衛門(いしかわごえもん)―』の幕が開きました。
 大盗賊・石川五右衛門の活躍を描いた「石川五右衛門」物の先行作『釜淵双級巴(かまがふちふたつどもえ)』や『木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまかっせん)』等の名場面を、創作場面と繋ぎ合わせ、五右衛門の生涯を綴った物語です。初代中村吉右衛門も手掛けた五右衛門に、当代吉右衛門が、妻子との悲劇を描く「五右衛門隠家」を中心にした〈通し狂言〉で挑み、人間・五右衛門を演じています。
 

◆◆◆


 河内国石川村の百姓・次左衛門(中村歌六)は、ふとした出来心で大名の胤を宿した女を手に掛けます。この二十六年後となる「壬生村次左衛門内」で、大盗賊となった石川五右衛門(中村吉右衛門)が、次左衛門から出生の秘密を聞かされ、天下を狙う野望を抱きます。盗賊となる五右衛門の運命や次左衛門の苦悩、貧家で起こる家族の悲劇などが描かれます。

序幕「壬生村次左衛門内の場」
序幕「壬生村次左衛門内の場」
(左より)次左衛門娘小冬(中村米吉)、壬生村の次左衛門(中村歌六)、
石川五右衛門(中村吉右衛門)



 「志賀都足利別館奥御殿」は、義輝御台綾の台(中村東蔵)、傾城芙蓉(中村雀右衛門)、足利義輝(中村錦之助)らが繰り広げる華やかな場面から始まります。


三幕目 第一場「志賀都足利別館奥御殿の場」
三幕目 第一場「志賀都足利別館奥御殿の場」
(左より)傾城芙蓉(中村雀右衛門)、足利義輝(中村錦之助)、
義輝御台綾の台(中村東蔵)

 そこへ、勅使になりすました五右衛門が訪れ、お家横領を企む管領・三好長慶(中村又五郎)、さらに饗応役の此下藤吉郎久吉(尾上菊之助)らとの虚々実々の駆け引きが展開します。幼友達の五右衛門と久吉が打ち寛いで語り合う微笑ましい場面から一転、足利家の重宝・雌龍丸の剣を盗んだことが発覚すると、五右衛門は妖術を使って姿をくらまします。


三幕目 第一場「志賀都足利別館奥御殿の場」
三幕目 第一場「志賀都足利別館奥御殿の場」
(左より)傾城芙蓉(中村雀右衛門)、
呉羽中納言氏定実ハ石川五右衛門(中村吉右衛門)、三好修理太夫長慶 (中村又五郎)


三幕目 第一場「志賀都足利別館奥御殿の場」
三幕目 第一場「志賀都足利別館奥御殿の場」
(左より)石川五右衛門(中村吉右衛門)、此下藤吉郎久吉(尾上菊之助)

 続く「志賀都足利別館奥庭」では、空中に舞い上がった葛籠から五右衛門が姿を現す〈つづら抜け〉の宙乗りで義輝らを煙に巻きます。

三幕目  第二場「志賀都足利別館奥庭の場」
三幕目 第三場「志賀都足利別館奥庭の場」
石川五右衛門(中村吉右衛門)


 京・木屋町の宿屋の二階でまどろむ五右衛門。前場までの出来事は五右衛門の見た夢であったという趣向です。そこへ真柴筑前守と名を改めた久吉が巡礼姿で通りかかります。「木屋町二階」は、『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の「南禅寺山門」を世話風のパロディーに仕立てた場面です。

三幕目  第三場「木屋町二階の場」
三幕目 第三場「木屋町二階の場」
(左より)真柴筑前守久吉(尾上菊之助)、石川五右衛門(中村吉右衛門)


 大詰「五右衛門隠家」は、通称“継子責め”とも呼ばれ、妻子との関わりを通して、五右衛門の人間ドラマが綴られます。五右衛門の後妻おたき(中村雀右衛門)は先妻の子の五郎市に辛く当たります。我が子を憐れみながらも、忍耐するよう五郎市を諭す五右衛門。夫として、父としての葛藤が描かれます。やがて明らかになるおたきの本心とは……。一人の人間として描かれる五右衛門の姿が胸に迫ります。

大詰  第一場「五右衛門隠家の場」
大詰 第一場「五右衛門隠家の場」
(左より)石川五右衛門(中村吉右衛門)、五右衛門女房おたき(中村雀右衛門)ほか


 「藤の森明神捕物」で、五右衛門は捕手を相手に立廻りを繰り広げます。助命しようとする久吉の恩情を拒み、五郎市の身を想いながら、盗賊としての一生を貫き通します。


大詰  第二場「藤の森明神捕物の場」
大詰 第二場「藤の森明神捕物の場」
(左より)石川五右衛門(中村吉右衛門)、真柴筑前守久吉(尾上菊之助)

◆◆◆

 四代目市川小団次から初代市川左団次を経て、初代吉右衛門に引き継がれた台本を、<通し狂言>として新たに補綴し、みどころ満載の舞台に仕立てました。「壬生村次左衛門内」は70年ぶり、「木屋町二階」は90年ぶり、「五右衛門隠家」は50年ぶりの上演です。
 天下を狙う大盗賊・石川五右衛門の人間像に焦点を当てた波瀾万丈の物語をお楽しみください。

12月歌舞伎公演は、26日(水)まで
12時開演
但し、13日(木)は午後4時開演
好評上演中!
国立劇場チケットセンターはこちら ≫
チケット好評販売中です