歌舞伎公演ニュース

2020年10月30日

【11月歌舞伎公演】

第二部『彦山権現誓助剣―毛谷村―』

片岡仁左衛門、片岡孝太郎が意気込みを語りました!

 11月歌舞伎公演は二部制で、各部とも約2時間30分の上演時間で気軽にご鑑賞いただけます。
 第一部では近松門左衛門の傑作『平家女護島―俊寛―』を、第二部では心温まる仇討物の名作『彦山権現誓助剣―毛谷村―』と舞踊『文売り』『三社祭』を上演します。
 公演に先立ち、第二部『彦山権現誓助剣―毛谷村―』で毛谷村六助を勤める片岡仁左衛門と、一味斎娘お園を勤める片岡孝太郎が意気込みを語りました。




◆◆◆


片岡仁左衛門
(『彦山権現誓助剣―毛谷村―』毛谷村六助)

 『彦山権現誓助剣-毛谷村-』は仇討ちのお話ですが、とにかくお客様が劇場をあとにする時にウキウキとした気持ちになれるお芝居です。このような時期にぴったりの演目ではないでしょうか。今回もそうですが、私が演じる場合は、「六助住家」の前に「杉坂墓所」を付けることにしています。いきなり「六助住家」ですと、微塵弾正や弥三松のお話がなかなか分かりづらいものですから、今回のような形で上演することで、初めてご覧になる方にもきっと楽しんでいただけると思います。
 このお芝居の魅力は、「杉坂墓所」で浪人から願いを聞くことから始まり、突然訪ねてきた老女が母になると言い出したり、次に訪ねてきた女性は嫁になると言い出したり……次から次へと様々なことが起こる話の面白さ、それに加え、それぞれの役者のセリフまわしや動き、リズム感といった歌舞伎の演技法を楽しむこともできます。さらに、登場人物たちも皆、魅力的です。
 特に六助は誠実で純朴、なんといっても親思い。親思いは師匠思いでもあり、家庭を大事にし、そして人を助ける。とにかく本当に汚れを知らない、理想的な男性というイメージを大切にしています。その純真な男がお園と出会い、敵に騙された怒りによって変化し、そして仇討ちへと続いていきますが、そのたびにギアがチェンジしていきます。純粋な男が裏切られた時の怒りは、普通の人よりも大きくなるはずです。
 お客様には、どこがどうという理屈よりも、歌舞伎らしい雰囲気を楽しんでいただければ、と思います。
 今回は、中村梅枝さんの長男・小川大晴(ひろはる)くんの初お目見得です。私も父(十三代目片岡仁左衛門)の舞台で弥三松を演じています。今度は中村時蔵さんのお孫さん、梅枝さんの息子さんが弥三松を演じるということで、役々が連綿と受け継がれていくのは素敵なことです。

◆◆◆


片岡孝太郎
(『彦山権現誓助剣―毛谷村―』一味斎娘お園)

 この作品は「六助住家」の一場面しか上演されないことが多いのですが、いつもそこに至るまでのお園の気持ちというものを、この一場に表現できればと思いながら演じております。今回は、話を分かりやすくするために前の「杉坂墓所」の上演がございます。その両場面をあわせて観ていただくことで、少しでもこの芝居の全編が見えてくるようにできたらと思います。
 お園は、初めて出てくる時は男装で、それを見破られて強い女性に、そこから独身の可愛らしい女性へと変化していきますが、本当に様々な面を持っている女性です。お客様にはその違いを楽しんでいただきたいです。
 また、六助が自分の許婚であることにお園が気付く場面があります。先ほどまで敵だと思っていた男が、名前を聞いたら実は許婚。そうした時の細かい気持ちの受け取り方や移り変わりを、しっかりとお客さまに伝えられればと思います。
 国立劇場の舞台は広くて、他の劇場に比べて舞台転換がしやすいという特徴もあって、コロナ禍の今、演目を決める上でも、この点での制約を意識する必要がなく、とてもありがたく思っています。
 父(片岡仁左衛門)は、いつも妥協しないと言いますか、こうした方が面白いのではないかと思ったら、それが千穐楽であってもやるんです。「こうやってみたら」とアドバイスをもらったり、「次の時はこうしようか」など、本当にあくなき追求心を持っています。そんな父の思いを汲み取って、私もお客様とコミュニケーションのキャッチボールができたらと思っています。

◆◆◆

 深まる秋に、心揺さぶる名舞台をご堪能ください。皆様のご来場をお待ちしております。


[関連ニュース]
 【11月歌舞伎公演】第一部『平家女護島―俊寛―』中村吉右衛門、尾上菊之助が意気込みを語りました!

11月歌舞伎公演は、2日(月)から25日(水)まで
※ただし、10日(火)・18日(水)は休演
【第一部】12時開演 【第二部】午後4時30分開演

チケット好評販売中!
国立劇場チケットセンターはこちら ≫

↓公演の詳細はこちら↓