歌舞伎公演ニュース

2018年10月29日

大岡越前守ゆかりの豊川稲荷東京別院の絵馬を特別販売!

 11月歌舞伎公演『名高大岡越前裁』の公演期間中(11月3日~26日)、この公演の主人公・大岡越前守忠相ゆかりの寺である豊川稲荷東京別院の絵馬を、大劇場ロビーで販売します。

 豊川稲荷東京別院は、大岡越前守忠相が守護神として信仰していた豊川稲荷(愛知県豊川市の曹洞宗の寺院)の分霊を祀っています。大岡の没後135年の明治20年(1887)に赤坂一ツ木の大岡邸から現在の地に本尊が移転遷座され、豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)の直轄の別院となりました。境内には大岡の位牌を祀る御廟もあります。毎年9月22日には「大岡祭」が開催され、多くの参拝客が訪れます。今年の同日には、『名高大岡越前裁』に出演する、中村梅玉、坂東彌十郎、市川右團次も公演の成功祈願を行いました。



 お買い上げいただいた絵馬はその場で願いを記入し、専用の絵馬掛け台に掛けていただくことができます。なお、お掛けいただいた絵馬は、公演終了後に豊川稲荷東京別院へ奉納いたします。価格は500円(税込)です。
 数々の名裁きで時代を超えて親しまれている大岡越前守忠相。稀に見る出世を遂げた名奉行にあやかって、ご観劇の際に願いを書いてみてはいかがでしょうか。


豊川稲荷東京別院



大岡廟

11月歌舞伎公演は、間もなく開幕! チケット好評販売中です!
11月3日(土・祝)~26日(月)午前 11時開演

国立劇場チケットセンターはこちら ≫


11月歌舞伎公演『名高大岡越前裁』特設サイト