歌舞伎公演ニュース

2018年10月12日

【10月歌舞伎】岩場&御座船に乗ってみた!(動画)

 好評上演中の10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島(へいけにょごのしま)』。
 平清盛生誕900年に当たる今年、物語の背景となる清盛の存在にも光を当て、清盛の横暴や俊寛の妻・東屋の自害を描いた「六波羅清盛館」、名場面「鬼界ヶ島」に、皇位を狙う清盛が亡霊に苦しめられる「敷名の浦」という場面構成で、23年ぶりに通し上演でご覧いただいています。
 「鬼界ヶ島」で赦免船を見送る俊寬と「敷名の浦」で御座船の船首に乗り出す清盛、実は同じ位置で演じられています。今回、二人の立つ岩場と御座船を特別に動画でご紹介します。俊寬や清盛の目線で見た舞台をご覧ください。

       ■岩場&御座船に乗ってみた!

 国立劇場の舞台機構を生かしたスペクタクルを劇場でお楽しみください。

10月歌舞伎公演は、25日(木)まで
12時開演 但し、12日(金)・19日(金)は午後5時開演

チケット好評販売中!
国立劇場チケットセンターはこちら