日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 企画展示「文字で見る文楽の世界」

国立文楽劇場

資料展示室

 日本芸術文化振興会では、お客様の安全・安心を最優先に、感染拡大予防対策を徹底した上で、資料展示室を開室いたします。
 なお、感染拡大予防のため、ご利用を制限または休室する場合がございます。ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

(令和4年8月23日現在)


資料展示室 お客様へのお願いと感染症対策への取り組み

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、ご観覧にあたり、お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
開室日、開室時間等につきましては、以下でご確認のうえ、ご来場くださいますよう、お願いいたします。

お客様へのお願い

  • ・次に記載するお客様のご来場は、ご遠慮いただきますようお願いいたします。
  •   37.5度以上、または平熱と比べて高い発熱があるお客様
  •   咳、喉の痛み等の症状があるお客様
  •   過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴があるお客様
  • ・マスクを着用し、咳エチケットにご協力をお願いいたします。
  • ・手洗いと手指消毒にご協力をお願いいたします。。
  • ・ご入場の際、劇場入口でサーモグラフィーによる検温を行います。結果によっては検温、体調の確認を行い、37.5度以上の発熱があるお客様のご入場はお断りいたしますので、あらかじめご了承ください。
  • ・お客様同士の距離をできるだけ2メートル取るように心がけ、会話を控えて静かにご観覧ください。
  • ・展示物及び展示ケース、使用を中止している機器等には手を触れないでください。

施設側の予防対策

  • ・スタッフは毎日検温を実施し、健康状態を確認します。
  • ・お客様とスタッフの健康・安全を考慮し、スタッフはマスクを着用し、必要に応じて手袋を着用する場合もございます。
  • ・受付にはアクリル板若しくは透明ビニールシートを設置します。
  • ・劇場出入口に消毒液を設置します。
  • ・劇場内の清掃・消毒・換気を徹底します。
  • ・お客様同士の間隔があけられるよう入場者数を制限します。
  • ・来場者・スタッフが発症した際は保健所と適切に連携して対応するとともに、必要に応じ、ホームページなどでお知らせします。
  • 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 国立文楽劇場事業推進課調査資料係

国立文楽劇場 資料展示室

入場無料

タイトル 企画展示「文字で見る文楽の世界」
内容 浄瑠璃の本文がすべて書かれた丸本、義太夫節ファンが自分でも義太夫を語るために買い求めた稽古本、見どころが絵と文章で示された絵尽しなど、人形浄瑠璃文楽は劇場で芝居を観るだけではなく、「読む」「見る」という形でも広く大衆に享受されてきました。また、太夫が床で語る時に用いる床本や三味線の譜の入った本など、「文字」による記述は芸の伝承にとっても欠かせないものでした。
 本展示では、それらの文字で書かれた資料をご紹介します。文字資料に触れ、読んでみることによって、文楽の新たな魅力を発見していただければ幸いです。
期間 令和4年10月15日(土)~11月27日(日)
開室時間 午前10時~午後6時
 

In English

国立文楽劇場のご案内

所在地 〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
TEL 06-6212-2531(代表)
最寄り駅 [地下鉄] 堺筋線・千日前線 日本橋駅 7番出口より徒歩1分