日本芸術文化振興会トップページ  > 国立文楽劇場  > 公演記録鑑賞会のご案内

国立文楽劇場

公演記録鑑賞会のご案内

日時 毎月1回 午後2時開演
定員 先着159名
料金 無料
会場 国立文楽劇場小ホール
お問い合わせ先 国立文楽劇場事業推進課調査資料係 TEL 06-6212-2531(代表)

国立文楽劇場小ホールでは、毎月1回、自主公演記録映像を上演しています。
国立劇場開場以来の歌舞伎、文楽等の公演を演技、演出の記録として収録してきたものです。一般の鑑賞を目的とした編集はされていませんが、今は故人となられた方も含め、名人の至芸をご鑑賞いただけます。
なお、満席の場合は入場をお断りする事もございます。ご了承ください。

国立文楽劇場開場三十五周年記念 公演記録鑑賞会 -忠臣蔵特集-

回数月日種別演目・主な出演者終演予定
417 4月8日(月) 歌舞伎 かなでほんちゅうしんぐら
假名手本忠臣蔵(昭和61年10月 国立劇場 カラー)
大序 鶴ヶ岡八幡宮社頭の場~
四段目 扇ヶ谷塩冶館表門の場
5時35分頃
片岡仁左衛門(十三代)、尾上梅幸(七代)、
中村勘三郎(十七代)、市村羽左衛門(十七代)、
中村芝翫(七代) 他
418 5月7日(火) 文楽 たいへいきちゅうしんこうしゃく
太平記忠臣講釈(平成5年11月 国立文楽劇場 カラー)
七条河原の段、喜内住家の段
3時55分頃
竹本住太夫(七代)、鶴澤燕三(五代)、
吉田簑助(三代)、吉田文雀 他
419 6月7日(金) 歌舞伎 かなでほんちゅうしんぐら
假名手本忠臣蔵(昭和61年10月 国立劇場 カラー)
道行旅路の花聟
4時45分頃
市川團十郎(十二代)、中村勘九郎(十八代勘三郎) 他
歌舞伎 かなでほんちゅうしんぐら
假名手本忠臣蔵(昭和61年11月 国立劇場 カラー)
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場~
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
中村勘三郎(十七代) 、尾上梅幸(七代)、
市村羽左衛門 他
420 7月6日(土) 歌舞伎 とうかいどうよつやかいだん
東海道四谷怪談(昭和46年9月 国立劇場 白黒)
二幕目 雑司ヶ谷四ツ谷町伊右衛門浪宅の場~
三幕目 砂村隠亡堀の場
4時15分頃
中村勘三郎(十七代)、松本幸四郎(初代白鸚)、
市川猿之助(現 二代猿翁)、市川染五郎(現 二代白鸚) 他
421 8月9日(金) 歌舞伎 かなでほんちゅうしんぐら
假名手本忠臣蔵(昭和59年7月 国立劇場 カラー)
七段目 祇園町一力茶屋の場
3時45分頃
片岡孝夫(現 十五代仁左衛門)、
中村芝雀(現 五代雀右衛門)、
坂東八十助(十代三津五郎) 他
422 9月5日(木) 歌舞伎 かなでほんちゅうしんぐら
假名手本忠臣蔵(昭和49年12月 国立劇場 白黒)
八段目 道行旅路の嫁入 文楽座特別出演
3時55分頃
中村歌右衛門(六代)、中村松江(現 二代魁春)、
[文楽座]
竹本南部太夫(五代)、豊竹嶋太夫(八代)、
野澤松之輔、野澤錦糸(四代) 他
文楽 ごばんたいへいき
碁盤太平記(昭和55年2月 国立劇場 カラー)
山科閑居の段
竹本文字太夫(七代住太夫)、野澤錦糸(四代)、
吉田玉男(初代)、吉田文昇(二代)、桐竹紋壽 他
423 10月2日(水) 文楽 ぞうほちゅうしんぐら
増補忠臣蔵(昭和60年9月 国立文楽劇場 カラー)
本蔵下屋敷の段
4時20分頃
竹本津太夫(四代)、竹澤團七、吉田文雀、
吉田作十郎、桐竹紋壽 他
文楽 ぎしめいめいでん
義士銘々伝(昭和53年2月 国立劇場 カラー)
弥作鎌腹の段
竹本津太夫(四代)、野澤吉兵衛(九代)、
吉田玉男(初代)、桐竹勘十郎(二代)、
桐竹亀松(四代) 他
424 11月6日(水) 歌舞伎 かなでほんちゅうしんぐら
假名手本忠臣蔵(昭和49年12月 国立劇場 白黒)
九段目 山科閑居の場
4時頃
中村歌右衛門(六代)、坂東三津五郎(八代)、
守田勘弥(十四代)、中村芝翫(七代) 他
425 11月28日(木) 大衆
芸能
たかたのばば
高田馬場(平成8年6月 国立演芸場 カラー)
東西浪曲精選会
4時25分頃
春野百合子(二代) 他
大衆
芸能
ぎしがいでん あまのやりへえ
義士外伝-天野屋利兵衛-
(昭和59年3月 国立演芸場 カラー)
講談春の特選会
神田山陽(二代)
大衆
芸能
あかがきげんぞうなみだのとくり
赤垣源蔵涙の徳利(平成元年11月 国立演芸場 カラー)
東西女流浪曲選
京山小圓嬢(二代) 他
大衆
芸能
なかむらなかぞう
中村仲蔵(昭和54年7月 国立演芸場 カラー)
二人名流会
三遊亭圓楽(五代)
426 2020年
1月7日(火)
歌舞伎 しじゅうしちこくちゅうやどけい なんぶざかゆきのわかれ
四十七刻忠箭計-南部坂雪の別れ-
(昭和47年12月 国立劇場 白黒)
第一場 芸州候下屋敷葉泉院御殿の場~
第三場 芸州候下屋敷外の場
4時25分頃
市川猿之助(現 二代猿翁)、河原崎権十郎(三代)、
澤村訥升(九代宗十郎) 他
歌舞伎 まつうらのたいこ
松浦の太鼓(平成19年12月 国立劇場 カラー)
二幕目 松浦邸の場~松浦邸玄関先の場
中村吉右衛門(二代)、中村芝雀(現 五代雀右衛門)、
市川染五郎(現 十代幸四郎) 他
427 2月8日(土) 文楽 かなでほんちゅうしんぐら
仮名手本忠臣蔵(昭和60年1月 国立文楽劇場 カラー)
四段目 花籠の段~霞が関城明渡しの段
4時55分頃
竹本越路太夫(四代)、鶴澤清治、
吉田玉男(初代)、吉田文雀 他
文楽 かなでほんちゅうしんぐら
仮名手本忠臣蔵(昭和60年1月 国立文楽劇場 カラー)
七段目 祇園一力茶屋の段
竹本文字太夫(七代住太夫)、竹本織太夫(九代源太夫)、
野澤錦糸(四代)、鶴澤燕三(五代) 吉田玉男(初代)、
吉田簑助 他
428 3月2日(月) 歌舞伎 げんろくちゅうしんぐら
元禄忠臣蔵(昭和45年12月 国立劇場 白黒)
四幕目 第一場 吉良上野介屋敷門前~
五幕目 第三場 元の詰番詰所
4時20分頃
松本幸四郎(初代白鸚)、尾上梅幸(七代)、
尾上菊之助(現 七代菊五郎)、中村吉右衛門(二代) 他
公演記録鑑賞会
公演記録鑑賞会
公演記録鑑賞会
公演記録鑑賞会

国立文楽劇場のご案内

所在地 〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
TEL 06-6212-2531(代表)
最寄り駅 [地下鉄] 堺筋線・千日前線 日本橋駅 7番出口より徒歩1分