日本芸術文化振興会トップページ  > 日本芸術文化振興会について  > ご寄附について  > くろごちゃんファンド(国立劇場基金)  > くろごちゃんファンド(国立劇場基金)に対するご寄附へのお礼

日本芸術文化振興会について

くろごちゃんファンド(国立劇場基金)に対するご寄附へのお礼

理事長からのご挨拶

 日頃より日本芸術文化振興会を応援してくださり、ありがとうございます。
 令和2年5月に開設した「くろごちゃんファンド(国立劇場基金)」には、令和3年度も多くの皆様にご賛同いただき、温かいお気持ちをお寄せいただきました。心より御礼申し上げます。
 皆様のご厚情に基づくご寄附は、ご寄附の際にご指定いただきました事業・分野に沿って、令和3年度においては歌舞伎、文楽、能楽、大衆芸能の各公演や養成研修事業のために大切に使用させていただきました。

 日本芸術文化振興会は、新型コロナウイルス感染症の影響により、現在も非常に厳しい状況にありますが、皆様からのご寄附を活用させていただき、一人でも多くの方に伝統芸能を楽しんでいただけるよう、事業の充実に全力で取り組んでおります。引き続き国立劇場・国立演芸場・国立能楽堂・国立文楽劇場・国立劇場おきなわの各劇場において、多種多様で魅力のある伝統芸能の保存と振興を目的とした様々な活動を行い、我が国の貴重な伝統芸能を次代に継承する事業の実施に努めてまいります。

 皆様からの温かいご支援に心から感謝申し上げますとともに、今後とも日本芸術文化振興会の事業への一層のご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和4年5月
独立行政法人日本芸術文化振興会
理事長 河村潤子

令和3年度のご寄附について

「くろごちゃんファンド(国立劇場基金)」の趣旨にご賛同いただき、多くの皆様からたくさんのご支援を頂戴いたしましたことに厚く御礼申し上げます。令和3年度は
287 件 5,549,078 円 ものご寄附を申し受けました。誠にありがとうございました。

令和3年度寄附金の受入状況

ご寄附の際にご指定いただきました使途のご希望の内訳は下記のとおりです。

伝統芸能の公開 2,098,285円
歌舞伎 287,503円
文楽 1,100,616円
舞踊 1,000円
邦楽 16,750円
雅楽声明 19,583円
民俗芸能 1,250円
大衆芸能 32,500円
能楽 188,000円
琉球芸能 38,583円
その他 412,500円
伝統芸能の
保存振興
3,690,742円
伝承者の養成 776,915円
調査研究、
資料収集・活用
29,250円
施設・設備 15,333円
その他 622,417円
指定なし
(振興会に一任)
2,006,878円

令和3年度寄附金の活用状況

皆様からお預かりしたご寄附は、ご指定いただきました使途の分野に従い、振興会に使途についてご一任いただきましたご寄附の一部と令和2年度の繰越分を加えて、次のとおり活用させていただきました。
そのほかの分野につきましては、次年度に繰越し、今後適切な事業に活用させていただきます。

歌舞伎

「近江源氏先陣館」尾上菊之助 他の画像 ▲「近江源氏先陣館」尾上菊之助 他

国立劇場
令和4年3月歌舞伎公演
1,185,003 円

文 楽

人形浄瑠璃文楽「絵本太功記」桐竹勘十郎 他の画像 ▲人形浄瑠璃文楽「絵本太功記」
桐竹勘十郎 他

国立文楽劇場
令和4年初春文楽公演
1,695,616円

能 楽

「殺生石」高橋亘の画像 ▲「殺生石」高橋亘

国立能楽堂
令和3年6月能楽鑑賞教室
188,000円

大衆芸能

落語「高田馬場」三笑亭夢太朗の画像 ▲落語「高田馬場」三笑亭夢太朗

国立演芸場
令和3年9月特別企画公演
32,500円

伝承者の養成

研修風景(歌舞伎研修)の画像 ▲研修風景(歌舞伎研修)

伝統芸能伝承特別奨励費
1,500,000円

我が国の伝統芸能を次世代に継承する日本芸術文化振興会の活動を、引き続きご支援くださいますようお願い申し上げます。

(独立行政法人日本芸術文化振興会)