日本芸術文化振興会トップページ  > 養成事業  > 研修各コースの概要  > 文楽の技芸員

養成事業

文楽の技芸員(太夫・三味線・人形)

文楽の技芸員(太夫・三味線・人形)の研修について

研修目的 文楽の技芸員(太夫・三味線・人形)になるための基礎教育
現状 文楽の研修は、1972年(昭和47年)5月に開始され、27期生まで修了、47名(太夫11名、三味線12名、人形24名)の研修修了者が文楽の舞台で活躍しています。これは技芸員全体の55%にあたります。現在は、第28期生が研修中です。
研修科目 義太夫、三味線(太棹)、人形実技、箏曲、胡弓、日本舞踊、狂言、謡、作法、講義、舞台実習、公演見学ほか
応募資格 中学校卒業以上23歳までの男子
募集人員 若干名
募集時期
選考試験
基本的に2年おきに国立文楽劇場で一般公募し、簡単な実技試験と面接をします。
適性審査 研修開始後8ヵ月以内に適性を審査し、正式に合否を決定し、専攻(太夫・三味線・人形)を決めます。
研修期間 2年間(全日制)
研修時間 原則として、平日の10時00分~18時00分まで。
ただし、特に2年次は土日祝日や18時00分以降に研修がおよぶこともあります。
研修場所 国立文楽劇場 他
問い合わせ先 国立文楽劇場 養成係
電話06‐6212‐5529・5593(直通)
〒542‐0073 大阪市中央区日本橋1‐12‐10
修了後の措置 文楽協会に所属し、幹部技芸員に入門して、舞台出演をします。
その他 受講料無料、教材などは支給します。また、奨励費貸与制度があります。

就業者における研修修了者の割合(平成29年4月現在)