日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 鑑賞会・講座を調べる

伝統芸能情報館

鑑賞会・講座を調べる

1.伝統芸能サロンのご案内

日程 不定期(年6回)
定員 120名(往復葉書による申込制。応募者多数の場合は抽選)
料金 無料
会場 伝統芸能情報館3階レクチャー室
お問い合わせ先 資料サービス課図書・資料係 TEL 03-3265-7061(直)

第65回伝統芸能サロン(伝統芸能情報館3階レクチャー室)

声 明 の い・ろ・は 募集を締め切りました

今回の伝統芸能サロンは、日本の声楽の原点と言われる、僧侶による声の音楽『声明(しょうみょう)』をとりあげます。仏教儀式では、花、食物やお香などの様々な供物を捧げる中で、僧侶の唱える「声」もお供えします。僧侶の唱えは、お経を抑揚なく唱えるものや節(ふし)をつけたものなどがあります。僧侶一人ひとりの異なる声が重なって響きあい、豊かな音色を生みだす声明は、ローマカトリック教会のグレゴリオ聖歌と並び称され、優れた音楽性を有しています。講師に日本伝統音楽研究家 茂手木潔子(もてぎ きよこ)氏を迎え、ゲストに真言宗豊山(ぶざん)派の僧侶をお招きし、実演を交えながら『声明』を楽しむための「い・ろ・は」をお話ししていただきます。

日時 平成29年7月8日(土)午前11時~ (開場:午前10時30分)
講師 茂手木潔子(日本伝統音楽研究家)
ゲスト:田中康寛、清水義英、榊隆大、名取雄喜 (真言宗豊山派僧侶)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)/受講無料
応募締切 6月16日(金) 当日消印有効
応募方法 右下の添付画像(チラシ裏面)をご覧ください。
  • ※画像をクリックすると拡大されます。
  • ※お寄せいただいた個人情報は、今回の募集以外の目的では一切使用いたしません。
  • チラシ画像
  • チラシ画像

第66回伝統芸能サロン(伝統芸能情報館3階レクチャー室)

―懐かしの無声映画― 活動弁士の語り芸

 明治期に登場した最先端の娯楽「映画」の黎明期は、映像のみで音声のない無声映画(サイレント映画)でした。当初は外国産のフィルムしかなく、日本の観客にわかりやすく説明するために誕生したのが弁士でした。義太夫を始め多彩な語り物の伝統がある日本では、映像に弁士の語りと楽士の伴奏がつく上映形態〈活動写真〉が独自に発展し、爆発的な人気となりました。染井三郎、生駒雷遊、谷天郎、徳川夢声などのスター弁士が登場し、名調子を競いました。その後、映像に音声の付いたトーキー(発声映画)の出現により、無声映画は衰退、活動弁士の多くが廃業に追いこまれます。しかしながら、無声映画の名作は今もなお上映され続け、活動弁士の名調子が観客を魅了しています。
 今回の伝統芸能サロンでは、現在、活動弁士として海外でも広く活躍する澤登翠氏を講師に迎え、映像が生活の中にあふれる今日に、懐かしく、新しい、活動弁士・無声映画の魅力を、実演を交えながらお話しいただきます。

日時 平成29年9月5日(火)午後2時~ (開場:午後1時30分)
講師 澤登 翠(活動写真弁士)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)/受講無料
応募締切 8月4日(金)当日消印有効
応募方法 下の添付画像(チラシ裏面)をご覧ください。
  • ※画像をクリックすると拡大されます。
  • ※お寄せいただいた個人情報は、今回の募集以外の目的では一切使用いたしません。
  • チラシ画像
  • チラシ画像

2.平成29年度上半期(平成29年4月~平成29年9月)公演記録鑑賞会

日時 毎月第2金曜日 午後1時開演(開場12時30分)
募集 120名(応募者多数の場合は抽選)
応募方法 往復はがきによる申込制。申込締切日は各回前月の10日(当日消印有効)。
詳細はこちら
料金 無料
会場 国立劇場伝統芸能情報館3階・レクチャー室
お問い合わせ 国立劇場視聴室 TEL03(3265)6479(直通)
回数 日程 申込締切日
(申込締切消印有効日)
種別 公演年月 演目 出演者
(○内は代数)
画像 上映時間
438 平成29年
4月14日
(金)
平成29年
3月10日
(金)
文楽
鑑賞教室
(第46回)
平成26年
12月
解説 文楽の魅力 豊竹咲甫太夫・
⑤野澤錦糸、
③豊竹英太夫・
鶴澤清介、吉田和生・
③桐竹勘十郎 他
カラー 34分
『絵本太功記』
尼ケ崎の段
71分
439 平成29年
5月12日
(金)
平成29年
4月10日
(月)
歌舞伎
鑑賞教室
(第67回)
平成17年
7月
解説 歌舞伎のみかた 市川右近(現③右團次)、
市川段治郎
(現②喜多村緑郎)、
②市川寿猿、
②市川笑也 他
カラー 39分
『義経千本桜』
河連法眼館の場
81分
440 平成29年
6月9日
(金)
平成29年
5月10日
(水)
伝統芸能
の魅力
(第1回)
平成26年
6月
解説 雅楽を知ろう 伶楽舎 カラー 56分
管絃『迦陵頻』 管絃『鳥』
舞楽『還城楽』
48分
441 平成29年
7月14日
(金)
平成29年
6月10日
(土)
文楽
鑑賞教室
(第27回)
平成7年
12月
解説 義太夫節について・
人形の遣い方
③豊竹呂勢太夫・
竹澤団市、
⑤豊竹呂太夫・
⑤豊澤富助、
豊竹十九太夫・
⑧竹澤團六
(現⑦鶴澤寛治)、
②吉田文昇、
③吉田簑助、
①吉田玉男 他
カラー 33分
『傾城恋飛脚』
新口村の段
63分
442 平成29年
8月11日
(金・祝)
平成29年
7月10日
(月)
歌舞伎
鑑賞教室
(第18回)
昭和56年
6月
解説 歌舞伎のみかた ①尾上辰之助、
③河原崎権十郎、
①市川銀之助
(現⑨團蔵)、
④市川左團次、
⑨澤村宗十郎 他
カラー 22分
『夏祭浪花鑑』 
釣船三婦内の場
長町裏の場
77分
443 平成29年
9月8日
(金)
平成29年
8月10日
(木)
歌舞伎
鑑賞教室
(第20回)
昭和57年
6月
解説 歌舞伎のみかた ⑩市川海老蔵
(後の⑫團十郎)、
⑤中村勘九郎
(後の⑱勘三郎)、 
⑦中村芝雀
(現⑤雀右衛門)、
⑧坂東彦三郎 他
カラー 32分
『歌舞伎十八番の内 毛抜』
小野春道館の場
88分