日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 企画展示「おどりの衣裳」

伝統芸能情報館

情報展示室

 企画展示「おどりの衣裳」

 国立劇場では、開場以来50年以上にわたり芸能資料の収集を行ってまいりました。これまで上演した伝統芸能の公演記録をはじめ錦絵、番付、文献など多くの芸能関係資料が蓄積されています。今回の展示ではその収蔵資料の中から、長年日本舞踊の衣裳に携わってこられた平野良助氏より平成8年に寄贈された日本舞踊の衣裳をご覧いただきます。

歌舞伎とともに発展してきた日本舞踊は、江戸文化を現代に継承する伝統芸能の一つです。舞台を見るとまず目を奪われるのが、鮮やかな色彩と独特なデザインが施された衣裳です。日本舞踊家は、衣裳を着ることでその役の魂もあわせて身に付けます。時とともに目の前の「おどり」は消え失せ、舞台で身に着けた「おどりの衣裳」はなかなか資料として残されることがありません。

本展を通じて「おどりの衣裳」の魅力に触れていただき、日本舞踊を楽しむための一助となれば幸いです。

会期 平成29年11月3日(金・祝)~平成30年1月28日(日)
開室時間 午前10時~午後6時(毎月第3水曜日は午後8時まで)
休室日 平成29年12月29日(金)~平成30年1月2日(火)
場所 国立劇場伝統芸能情報館 1階 情報展示室

※入場無料

シアタースペースの上演ラインナップ

伝統芸能情報館のご案内

所在地 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL 03-3265-7411
最寄り駅 [地下鉄] 半蔵門線 「半蔵門駅」 下車
1・6番出口から 徒歩 約5分
有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 下車
4番出口から 徒歩 約8分
2番出口から 徒歩 約10分