日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」

伝統芸能情報館

資料展示室

伝統芸能情報館・情報展示室
国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」

国立劇場が行ってきた三つの主要な事業、「公演」「伝統芸能の伝承者の養成」「調査研究・資料の収集及び活用」をテーマに、さまざまな資料から50年を振り返る展示です。
公演事業では、上演が久しく絶えていた作品の復活、あるいは新作狂言など話題となった作品を取り上げ資料とともに回顧します。また、国立劇場では正倉院などに秘蔵されていた古代楽器を復元し、演奏する公演も行ってきました。その復元された楽器を展示し悠久の時の流れを感じていただきます。
「調査研究・資料の収集及び活用」では、八代目坂東三津五郎寄贈の錦絵、戸板康二、河竹登志夫らからの寄贈資料なども展示の予定です。また、昭和45年に始まった「養成事業」については研修修了生の活躍や研修風景などをパネルでご紹介しその成果をご覧いただきます。

会期 前期 平成28年9月3日(土)~11月27日(日)
後期 12月2日(金)~平成29年3月27日(月)
時間 午前10時~午後6時(毎月第3水曜日は午後8時まで)
休室日 12月29日(木)~平成29年1月2日(月)、3月11日(土)
場所 国立劇場伝統芸能情報館 1階 情報展示室

※入場無料

  • 国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」チラシ表
  • 国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」チラシ裏

伝統芸能情報館のご案内

所在地 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL 03-3265-7411
最寄り駅 [地下鉄] 有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」 2・4出口より徒歩5分
半蔵門線 「半蔵門駅」 1出口より徒歩8分
[都バス] 都03 「晴海埠頭―四谷駅」 三宅坂下車徒歩2分