日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」のご紹介

伝統芸能情報館

トピックス

国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」

国立劇場が行ってきた三つの主要な事業、「公演」「伝統芸能の伝承者の養成」「調査研究・資料の収集及び活用」をテーマに、さまざまな資料から50年を振り返ります。復活作品や新作の上演に関する資料、復元した古代楽器や錦絵・書画などを展示します。昭和45年に始まった養成事業については研修風景などをパネルで紹介し、その成果をご覧いただきます。

期間 前期 平成28年9月3日(土)~11月27日(日)
後期 12月2日(金)~平成29年3月27日(月)
時間 午前10時~午後6時(毎月第3水曜日は午後8時まで)
休室日 12月29日~平成29年1月2日、3月11日
場所 伝統芸芸能情報館1階 情報展示室

※入場無料

  • 国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」チラシ表
  • 国立劇場開場50周年記念「国立劇場50年の歩み展」チラシ裏
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口