日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 第54回伝統芸能サロン 聴いて、楽しく鑑賞!―「芝居の一年‐歌舞伎の年中行事‐」展示解説―

伝統芸能情報館

トピックス

第54回伝統芸能サロン
聴いて、楽しく鑑賞! ―「芝居の一年‐歌舞伎の年中行事‐」展示解説―

 伝統芸能情報館ではこのたび、顔見世興行に始まる江戸時代の芝居の一年をめぐる展示を企画いたしました。「仕初め」「世界定め」など芝居の世界に独特な年中行事や「曾我狂言」「弥生狂言」「盆狂言」で上演される作品について、資料とともにお楽しみいただく構成になっています。そこで今回の伝統芸能サロンは、フェリス女学院大学教授で国立劇場歌舞伎公演専門委員でもある吉田弥生氏を講師にお招きし、展示の列品について詳しくお話しいただきます。展示鑑賞の一助となれば幸いです。

日 時 平成27年10月31日(土)午後2時開演(午後3時30分終了予定)
会 場 国立劇場伝統芸能情報館 3階レクチャー室
定 員 先着120名様 入場無料(午後1時30分開場)
*予約の必要はありません。当日午前10時から情報館入口で整理券を配ります。

講師
吉田 弥生(フェリス女学院大学 教授)

<略歴>

学習院大学大学院修了。博士(日本語日本文学)。専門は近世期文芸・演劇学。主要著書・編著書に『江戸歌舞伎の残照』(2004 文芸社)『芝居にみる江戸のくらし』(2009 新典社)『歌舞伎と宝塚歌劇―相反する、密なる百年―』(2014 開成出版)など。歌舞伎学会企画委員長。早稲田大学演劇博物館招聘研究員。

吉田 弥生 氏(フェリス女学院大学 教授)
<お問合せ先>
国立劇場 調査養成部 資料サービス課 図書・資料係
電話03-3265-7061(直通) (平日午前10時から午後5時30分)
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口