日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 第53回伝統芸能サロン「日本舞踊は面白い!―温故知新から創り出される舞踊芸術の魅力―」

伝統芸能情報館

トピックス

第53回伝統芸能サロン
「日本舞踊は面白い!―温故知新から創り出される舞踊芸術の魅力―」

 日本舞踊は、私たち日本人が世代を超え大切にしてきた文化や暮らし、各時代から現代へ受け継がれてきた伝統芸能のエッセンスが凝縮された舞踊芸術です。それだけに作品や内容は多種多様で、特に「素踊り」といった本衣裳を用いない表現形態は、我が国の舞踊文化にのみ存在し受け継がれてきた特殊な表現手法です。一見するとなんだか難しそうですが、実は知れば知るほど、聞けば聞くほど面白くなる、そんな日本舞踊の魅力を、日本大学教授の小林直弥氏をお招きし、解説していただきます。

日 時 平成27年9月26日(土)午後2時開演(午後3時30分終了予定)
会 場 国立劇場伝統芸能情報館 3階レクチャー室
定 員 先着120名様 入場無料(午後1時30分開場)
*予約の必要はありません。当日午前10時から情報館入口で整理券を配ります。

講師
小林 直弥(こばやし なおや)氏

<略歴>

昭和44年(1969)神奈川県横浜市生まれ
日本大学芸術学部演劇学科日舞コース卒業。日本大学大学院芸術学研究科舞台芸術専攻を修了(芸術学修士)し、同大学大学院博士後期課程を単位取得満期退学。その後、舞踊研究家、目代凊が開いた舞踊文化研究所の主任研究員を経て、現在は日本大学芸術学部教授(演劇学科)、日本大学大学院教授(芸術学研究科舞台芸術専攻)。平成18年(2006)より、大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレへ学生との共同創作作品を毎回出品しているほか、創作舞踊作品の執筆、制作等も手がけている。

小林直弥氏 画像
<お問合せ先>
国立劇場 調査養成部 資料サービス課 図書・資料係
電話03-3265-7061(直通) (平日午前10時から午後5時30分)
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口