日本芸術文化振興会トップページ  > 伝統芸能情報館  > 第52回伝統芸能サロン「昭和・平成の演芸界を語る」

伝統芸能情報館

トピックス

第52回伝統芸能サロン
「昭和・平成の演芸界を語る」

 落語界最古参で、戦前から現在まで第一線で活躍している四代目三遊亭金馬師を講師としてお招きいたします。
 戦前に三代目三遊亭金馬に入門、戦後は「お笑い三人組」に始まる演芸ブームの中心人物として人気を博し、現在もなお最前線を歩み続けています。演芸界の歴史を肌で知る唯一の落語家として、師の目から見た昭和・平成の演芸について、また、日本演芸家連合の会長として、国立演芸場創設時にどのように取り組まれたかについて、お話を伺っていきます。

講師 四代目 三遊亭 金馬(さんゆうてい きんば)師
日 時 平成27年6月27日(土)午後2時開演 (午後3時30分終了予定)
会 場 国立劇場伝統芸能情報館 3階レクチャー室
定 員 先着120名様 入場無料 (午後1時開場)
※予約の必要はありません。当日午前10時から情報館入口で整理券を配ります。
四代目 三遊亭 金馬 師 画像
四代目 三遊亭 金馬 師
<お問合せ先>
国立劇場 調査養成部 資料サービス課 図書・資料係
電話03-3265-7061(直通) (平日午前10時から午後5時30分)
  • より身近に伝統芸能にふれる!文化デジタルライブラリー
  • ユネスコ世界無形遺産 歌舞伎への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 文楽への誘い
  • ユネスコ世界無形遺産 能楽への誘い
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口