日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 月に一度、金曜・夜の定例公演!

国立能楽堂

トピックス

人物イラスト=時松はるな

 

金曜ナイト,  能見ナイト!!

Let’s go to the National Noh Theatre on Friday Night ! You can enjoy Noh Performance at Night time.

月に一度、金曜・夜の定例公演、
略して「夜定(よるてい)」のごあんない。

 

能楽堂、そこはあの世とこの世、向こう側とこちら側とをつなぐ場所。

 

毎日流されているように感じてしまい魂を揺さぶられる衝撃をお求めのあなた。
失恋したのに彼・彼女を忘れられず嫉妬で鬼になっちゃいそうなあなた。
ポップやロックやクラシックに親しんでいるけど日本の音楽ってなんだろうと思っているあなた。
平家物語や源氏物語を読破しようとチャレンジするも一巻ではや挫折したあなた。
震災後の日本のこれからを憂いつつも日本のことを深く知りたいと思っているあなた。

 

能楽は、そんなみなさんひとりひとりの心によりそいます。
「夜定」は、狂言一番・能一番で入場料もお手ごろ。さあ、あなたも!金曜は、能見ナイト!!

 

公演情報の詳細はをクリック! 

5/19(金) 狂言「大般若」野村萬斎(和)/能「賀茂」片山九郎右衛門(観)
6/16(金) 狂言「伯養」野村万蔵(和)/能「班女」粟谷能夫(喜)
7/19(金) 狂言「隠笠」山本泰太郎(大)/能「山姥」野村四郎(観)

 料金=正面4900・脇正面3200・中正面2700(学生=脇2200・中1900)
 夜定は午後6時30分開演

 

・・・ そのほかオススメの公演!!・・・

6月23日(金)午後7時 外国人のための能楽鑑賞教室<Discover NOH & KYOGEN>

解説/狂言「附子」/能「黒塚」

昨年に引き続き開催される外国の方向けの能楽公演です。英語による分かりやすい解説の後に、狂言と能をご覧いただきます。人々の喜怒哀楽、様々な感情がユーモアを織り交ぜながらいきいきと描かれる狂言「附子」。鬼女伝説をもとに作られ、初めて能を見る方にも分かりやすいストーリーの能「黒塚」を上演します。
解説・狂言・能のいずれも、各座席に固定された字幕表示装置で「日本語」「英語」「中国語」「韓国語」の表示(切り替え)が可能です。
皆さまお誘い合わせの上、ぜひご覧いただきたいプログラムです。

6/23(金) 
午後7時開演

解説 リチャード・エマート

狂言「附子」 山本則俊(大)

能 「黒塚」 金春安明(金)   

料金=正面3100・脇正面2600・中正面2100 (学生:全席1300)

[団体予約受付中! 一般予約開始:5月9日(火)午前10時~] 

 

 

※観=観世流、宝=宝生流、喜=喜多流、金=金春流、剛=金剛流、和=和泉流、大=大蔵流

 

  • 平成29年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内