日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 国立能楽堂《月間特集・音阿弥》開幕!

国立能楽堂

トピックス

国立能楽堂《月間特集・音阿弥》開幕! 

7月の国立能楽堂公演は《月間特集・音阿弥-没後550年-》として、音阿弥ゆかりの能を特集上演します。
まず5日の定例公演では、音阿弥の伝説的な演技が伝えられる能「善知鳥」を上演しました。この能で観世宗家・観世清和は、後シテに観世流本面氷見作の名品「蛙(かわず)」を着用して熱演、観世座三世の音阿弥を偲ぶに相応しい幕開けとなりました。今後も名手音阿弥ゆかりの名曲が続々と上演されます。
また今月の『月刊国立能楽堂』(公演プログラム)は、特別に音阿弥が出演した記録「寛正五年糺河原勧進猿楽舞台図」(観世文庫蔵)をカラーで掲載しています。価格は580円、ご来場の際に是非お求めください。




  • 平成29年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内