日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【5月10日定例公演】「藤」にちなんだ和菓子セット

国立能楽堂

トピックス

【5月10日定例公演】「藤」にちなんだ和菓子セット

桜の花が散ると、まもなく藤の季節がやって来ます。
万葉の昔から和歌に詠まれ、日本人に愛されてきた藤の花。東京・亀戸天神を始め関東にも藤の名所は多く、4月末から5月の大型連休にかけて各地で催される「藤まつり」を見に行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、国立能楽堂では、5月10日(水)の定例公演で、藤の精が舞う能「藤(ふじ)」を上演いたします。
青空の下で見る藤も素敵ですが、こちらは夕暮れ時と夜の藤。舞台の上に幻想的に咲き匂う花をぜひご覧ください。

能「藤」にちなんで、国立能楽堂ロビーの「お食事処 向日葵」では、「新中野むさしの玉屋」特製の上生菓子「藤」とお茶のセットをお召し上がりいただけます。5月10日定例公演限定の特別メニューです。



和菓子セット「藤」。お茶付きで600円(税込)。


4月末~5月初旬は国立能楽堂の中庭が一年で一番美しい季節です。輝くような新緑を見ながら、ゆったりと季節の和菓子と観能をお楽しみください。
皆様お誘い合わせの上、ぜひ5月10日定例公演にご来場ください。


 *公演の詳細はこちら

 *公演トピックス「幻想的に咲く藤の花」はこちら

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内