日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【月間特集・能のふるさと・近江】「おいしい滋賀」を国立能楽堂で

国立能楽堂

トピックス

滋賀県自慢のお米とお茶を国立能楽堂で…

7月の国立能楽堂は【月間特集・能のふるさと・近江】にちなんで滋賀県尽くし!
ロビーに上演演目の舞台となる場所が分かる滋賀県の地図を飾り、物産販売と観光PRを行うほか、場内のお食事処向日葵では、滋賀県のおいしいお米「みずかがみ」を使ったメニューと「近江の茶」をお出ししています。

 

7月6日の「定例公演」にて。終演後は写真を撮って帰られる方も。


 


 

物産販売の様子。観光PRのカウンターも盛況。


 

近江米「みずかがみ」の味は特A評価のお墨付き。
近江のお茶の栽培は最澄が唐から持ち帰って植えたのが始まりで日本最古。


「みずかがみ」と「近江の茶」は、ロビーの物産展でも販売しております。滋賀県ゆかりの演目と共に、「おいしい滋賀」もお楽しみください。


※物産販売と観光PRは下記の自主公演開催時に行われます。
7月 9日(土)午後1時開演 普及公演
7月22日(金)午後6時30分開演 定例公演
7月28日(木)午後2時開演 企画公演
7月30日(土)午後1時開演 企画公演



  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内