日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【月間特集・能のふるさと・近江】滋賀県の観光PRと物産販売を行います

国立能楽堂

トピックス

7月の「月間特集・能のふるさと・近江」にちなんで、国立能楽堂ロビーにて近江(滋賀県)の滋賀県の観光PRと物産販売を行います

国立能楽堂7月公演は、「月間特集・能のふるさと・近江」と題して、近江(滋賀県)にゆかりのある能・狂言を上演します。
滋賀県及び「ゆめぷらざ滋賀」(滋賀県東京観光物産情報センター)のご協力により、公演期間中(自主公演開催日のみ)、国立能楽堂ロビーに特設ブースを設置し、滋賀県の観光PRと物産販売を行います。物産販売では「高島ちぢみ」や「扇子」、「湯葉」、「そばぼうろ」など、多数の商品をご用意しております。

7月6日の「定例公演」で上演される能「白鬚」の舞台は、琵琶湖の西岸に位置する高島市の白鬚神社。高島市の伝統織物である「高島ちぢみ」は、江戸時代中期より受け継がれている伝統の技によって、布の表面に独特のシワを出した織物です。通気性と速乾性に優れ、湿度の高い日本の気候に最適な素材としてインナーやナイトウエア、ストール等に用いられ愛用されてきました。是非この機会にお手に触れてみて下さい。


※物産販売は下記の自主公演開催時に行われます。
7月 6日(水)午後1時開演 定例公演
7月 9日(土)午後1時開演 普及公演
7月22日(金)午後6時30分開演 定例公演
7月28日(木)午後2時開演 企画公演
7月30日(土)午後1時開演 企画公演

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内