日本芸術文化振興会トップページ  > 国立能楽堂  > 【千駄ヶ谷だより】 繊細な青年、平清経(10/7定例公演)

国立能楽堂

トピックス

【千駄ヶ谷だより】 繊細な青年、平清経

10月7日(水)の国立能楽堂・定例公演は、狂言「素袍落(すおうおとし)」、能「清経(きよつね)」を上演します。

素袍を落とすドジな太郎冠者


素袍とは、中世の庶民の礼装のこと。
伯父の元へ使いに出された太郎冠者は、酒を振る舞われ、お土産に素袍までもらい、上機嫌で帰路につきます。
しかし、迎えた主人の前で謡ううち、隠し持っていた素袍を落としてしまい…。

狂言では、日常によくある風景が取り上げられます。太郎冠者の行動、自分の身に覚えがある方も多いのではないでしょうか。
うっかりドジを踏む太郎冠者も、それを拾ってすべてを悟り探させる主人も、どこか可愛らしく温かな演目です。
 

平家の滅亡の象徴、清経


平中将清経は笛の上手で、文芸と音楽を愛する青年貴族でした。
世が世であれば趣味の世界に生きる優雅な一生を送ったことでしょう。

しかし、栄枯盛衰の習いに漏れず、源氏との戦いに駆り出され、持ちなれぬ太刀を手に西国を転戦することになります。
そして清経は平家一門の行く末をはかなみ、ある月の夜、船上に出て笛を吹き鳴らし、今様(いまよう)を朗詠すると、念仏を唱え、暗い海へと身を投げたのでした。
敗者の美学という言葉がありますが、まるで絵に描いたような清経の最期です。

戦いに背を向け、生きる努力も放棄し、自ら命を絶つというのは決して良いことではなかったでしょう。
しかし彼を「あわれ」とし、どこか優しいまなざしが感じられるこの曲からも、清経は日本人の感性に訴える人であったと言えます。

能では、愛する妻の元へ亡霊となった清経が現れるという筋立てになっています。
妻は自分を残して死んだ夫をなじりますが、清経は己の悲しい運命を美しい言葉に乗せて物語り、最後は成仏を願って消えていきます。

平家物語を題材にした、世阿弥の名作です。



清経 「能之図(上)」より(国立能楽堂所蔵)


 日時

  10月7日(水) 午後1時開演 (終演予定3時15分頃)

 演目・出演者

 狂言「素袍落」大蔵吉次郎(大蔵流)
 能 「清経」 岡 久広(観世流)

 料金  正 面=4,900円
 脇正面=3,200円(学生2,200円)
 中正面=2,700円(学生1,900円)

 チケット予約

 好評発売中!
 [電話] 国立劇場チケットセンター(10時~18時)
  0570-07-9900 / 03-3230-3000(一部IP電話等)
 [インターネット予約] 国立劇場チケットセンター≫

公演の詳細はこちら

夜の定例公演「能見ナイト!!」ページはこちら
 

  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • 快適なご観劇のために
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 芸術の創造・普及活動を援助する 芸術文化振興基金
  • 国立能楽堂 出版物のご案内