日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【10月歌舞伎】『霊験亀山鉾』ゆかりの地訪問記(三重県亀山市)

国立劇場

トピックス

【10月歌舞伎】『霊験亀山鉾』ゆかりの地訪問記(三重県亀山市)

 10月歌舞伎公演で上演する『霊験亀山鉾』ゆかりの地・三重県亀山市を、特派員のくろごちゃんが訪れました!


  


(⌒v⌒)   :ひさしぶりー!! みんな覚えてる? くろごちゃんだよ!
        今日は『霊験亀山鉾』のゆかりの地、三重県亀山市にやって来たよ。

付 き 人   :「悪の敵(かたき)の返り討ちを描いた異色作」、
        「東京では15年ぶりの上演」、と聞くだけで楽しみだね~!

(⌒v⌒)   :うん。ところで付き人さんは、タイトルの下に「亀山の仇討」って書いてあるのに気づいた??

付 き 人   :あっ、たしかに!

(⌒v⌒)   :この「亀山の仇討」は、とある兄弟が父の敵を28年目にして討ち取ったという実際の事件なんだ。


 『霊験亀山鉾』の題材である「亀山の仇討」は、元禄14年(1701)、石井源蔵・半蔵兄弟が、父を闇討ちにして長兄を返り討ちにした赤堀水之助(源五右衛門)を討ち取ったという実際の事件です。幼かった兄弟が28年という長い歳月を経て親の敵を討ったという点で「曽我兄弟の仇討」と類似しており、この出来事は「元禄曽我」と呼ばれました。


付 き 人   :へえ~、さすがくろごちゃん! もっと詳しく教えてよ!

(⌒v⌒;)   :(少しは付き人さんも勉強しようよ……)
        それじゃあ、亀山を一緒に散策してみよう!



▼石井兄弟敵討碑(東丸町)



付 き 人   :ねぇねぇくろごちゃん、何やら大きな石碑が見えてきたよ。「亀山敵討」って字が見えるね。
        その上には「石井兄弟」。もしかして、これが噂の…!?

(⌒v⌒)    :そう! これは石井兄弟の敵討ちが歌舞伎や絵本などに広く取り上げれたことを顕彰したもので、
        兄弟が本懐を遂げた場所に建っているそうだよ。

付 き 人   :へえ~、一方の討たれた赤堀・・・水之助は?

(⌒v⌒)    :照光寺というお寺にお墓があるんだ。舞台では、片岡仁左衛門さんの「藤田水右衛門」として、
        敵討ちにやってくる石井家とその所縁の人々を次々と「返り討ち」にしていくんだ。


 東西を問わず、芝居の恰好の題材となった「亀山の仇討」。四世鶴屋南北(1755-1829)は「亀山の仇討」を題材にした作品を四本書きましたが、その二本目にあたる『霊験亀山鉾』では、幕ごとに次から次へと繰り広げられる返り討ちの場面が巧妙に仕組まれていて、悪の敵である主人公・藤田水右衛門の残忍非道ぶりが魅力的に描かれています。




▼照光寺 赤堀水之助の墓


  

付 き 人   :舞台では、水右衛門は最後どうなるの?

(⌒v⌒)    :(ちょっとネタバレになっちゃうけど……いっか!)
        亀山・曽我八幡宮の祭礼の日に、討ち取られるんだ。これから行くのが亀山城だよ。




▼旧亀山城多門櫓(本丸町)


  

(⌒v⌒)    : ここは天正18年(1590)に築城された亀山城の多門櫓。
        三重県で唯一現存する城郭建造物として県史跡に指定されているんだって。

付 き 人   :とっても立派だね~。ここからは辺り一帯がよく見渡せるね。
        当時はどういう風景だったのかな?

(⌒v⌒)    : 博物館では亀山城下を再現したジオラマを見られるらしいよ。行ってみよう!




▼亀山市歴史博物館


  

付 き 人   :へえ~。このジオラマを見ていると、当時の亀山の様子が伝わってくるね。
        ところで、くろごちゃん、この面白そうな本は何? 当時の大人向けマンガ?

(⌒v⌒;)    :いやいや! マンガって!! え~と、これは……

学芸員の中川さん:これは、「亀山の仇討」について記した絵入りの本で、「絵本亀山話」といいます。
           この場面は、石井兄弟が今まさに敵討ちをしようと街道脇にひそんでいるところですね。
           「亀山の仇討」は、当時、芝居や絵本の恰好の題材になっていたんです。

付 き 人   :なるほど、とっても人気のあるお話だったんだね。
        よく知らなかったけど、ますます期待が高まってきたよ。

(⌒v⌒)    :お姉さん、亀山についてもっと教えてください!

中川さん  :もちろん、いいですよ。では次はこちらを……



 くろごちゃんと付き人は、その後も、学芸員のお姉さんの案内で、歴史ロマンに想いを馳せるのでした……


「亀山の仇討」を題材にした『霊験亀山鉾』は10月3日初日です。南北ならではの奇抜な趣向が随所に盛り込まれ、意表を突く展開は最後まで飽きさせません。面白さ満載の異色作にご期待ください。

10月歌舞伎公演は、3日(火)から27日(金)まで
12時30分開演 但し、13(金)・20(金)は午後4時開演 
国立劇場チケットセンターはこちら 


  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A