日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【6月歌舞伎鑑賞教室】記者懇談会レポート!

国立劇場

トピックス

中村錦之助・片岡孝太郎・中村隼人
6月歌舞伎鑑賞教室『解説 歌舞伎のみかた』『歌舞伎十八番の内 毛抜』記者懇談会

 5月9日(火)、6月歌舞伎鑑賞教室の記者懇談会が行われ、中村錦之助・片岡孝太郎・中村隼人が公演への意気込みを語りました。

 昨年、開場50周年を迎えた国立劇場。歌舞伎鑑賞教室は、開場翌年の昭和42年から毎年開催され、今年が50年目、6月公演で通算91回目となります。
 歌舞伎鑑賞教室で『毛抜』を上演するのは7回目で、最多の上演数。錦之助の粂寺弾正は、前名の信二郎時代に初役で勤めた平成17年6月の歌舞伎鑑賞教室以来、12年ぶりとなります。


(左より)中村隼人、中村錦之助、片岡孝太郎

 

 

中村錦之助
(粂寺弾正)

 

 『毛抜』の粂寺弾正は、12年前に一度勤めさせていただき、十二代目市川團十郎のお兄さんに手取り足取り教えていただきました。その教えを一つ一つ思い出して、教わった通りに勤めたいと思っております。
 まず教えていただいたのは、「出が肝腎だ」ということ。出た瞬間に粂寺弾正に見えるように、思い切り息を吸って一気に気合いを入れて出るなど、様々なことを教えていただきました。
 そして、技術や勢いはもちろんのこと、カリスマ性、さらに歌舞伎十八番の持つ“おおらかさ”も必要です。前回出来なかったことも、お兄さんの教えを思い出して出来るように…新たな挑戦ですね。

 

 『毛抜』は江戸歌舞伎の最たるもので、荒唐無稽で観て楽しい。きっと江戸時代のご見物の方たちも、こういうお芝居を観て楽しんだのではないでしょうか。あまり深く考えずに、「ああ面白い、観ていて楽しい!」と思っていただければ幸いです。

 

 中学生や高校生の方は、音楽の“ライブ”に行くことがあると思います。“ライブを観る”感覚で、歌舞伎も楽しめるということを知ってもらいたいですね。歌舞伎を生で観て、少しでも心が動くという経験をすることが、歌舞伎や演劇への興味に繋がると思います。私たち出演者も皆さんの心を打つようなお芝居をしたいと思っています。歌舞伎というものは、その人の人生を変えられるだけの力を持っているので、若い内に触れて何かを感じてもらいたいです。

 また、「Discover  KABUKI」には初めて出演しますが、これまで外国の方から感想をうかがったことがあまりないので、今から楽しみにしております。

 

 

片岡孝太郎
(腰元巻絹)

 

  鑑賞教室への出演は今回で10回目になります。巻絹は、芯の強い女性でありながら、大人の色気も兼ね備えています。粂寺弾正が「この女いいな、ちょっと触れてみたいな」と思えるような素敵な女性を演じられたらと思っております。

   

 『毛抜』は、日本だけでなく海外の方も含めて、初心者に分かりやすい作品です。様々なタイプの役柄が出てきますし、歌舞伎の要素がふんだんに含まれています。
 歌舞伎と言えば、立廻りがあって見得をするというイメージが強いかと思います。それを、お芝居が始まってすぐに観ることができます。話にも入りやすく、本当に皆様が楽しめる作品です。

 

 歌舞伎鑑賞教室は、若手の登竜門の一つであり、チャンスをいただける数少ない公演です。私も中学生の頃、父(片岡仁左衛門)の大星由良之助、亡くなった(十代目坂東)三津五郎のお兄さんの寺岡平右衛門、今の(中村)雀右衛門のお兄さんのお軽の『假名手本忠臣蔵』七段目で、大星力弥を初役で勤めさせていただきました。祖父(十三代目片岡仁左衛門)に教わった数少ない作品の一つで、今でもよく覚えています。

 

 「Discover  KABUKI」には、2年前の第1回の時に出演させていただきました。『壺坂霊験記』で女房お里を勤めましたが、来てくださった外国の方を見ていると、「ここで私は日本の歌舞伎を観て帰るぞ!」という気迫を感じましたし、終演後の拍手も印象に残っています。
 今回はスペイン語のイヤホンガイドも増えますし、価格もお手頃なので、日本に興味のある大勢の外国の方に、歌舞伎を楽しんでいただけたら嬉しいなと思っております。

 

 

中村隼人
(解説・秦秀太郎)

 

 『毛抜』の秦秀太郎は、父(中村錦之助)が得意としている役どころです。昨年(1月浅草公会堂)、秦民部を勤める機会がありましたが、今回の秀太郎では柔らかさが出るように、初心に戻って新しいものを吸収したいと思っております。

 今回は『解説 歌舞伎のみかた』にも出演させていただきます。解説は3度目です。歌舞伎の魅力をどうしたら伝えられるのかということについて、手応えを感じてきているので、新しい試みにも挑戦しながら “歌舞伎はエンターテインメントだ!”ということを皆様に分かっていただけるような構成にしたいです。

 

 私が高校生の頃、解説を初めて(中村)壱太郎のお兄さんと担当した時のことですが、学校から何百枚もの感想文が届いて「解説を観ていくうちに面白くなって楽しめました」「歌舞伎が好きになりました」といったご意見を数多くいただきました。それを読んで“自分たちがやっていたことは間違っていない、成功したんだ”と感じ、嬉しかったのを覚えています。

 鑑賞教室の後、すぐに他の公演を観に来てくださる方や、さらに嬉しいことには、私と同世代で「働くようになって、お金を貯めてやっと観に来ることができました!」と言ってくださる方が、とても多くいらっしゃいました。今回の公演を観た方にも、またそう言っていただけるようにしたいです。

 

 歌舞伎というのは、時代の流れに歩み寄ることが出来る芸能だと思っています。若い方々には、映画やドラマと同じエンターテインメントの一種として、歌舞伎に親しんでいただけたら幸いです。

 また、海外公演で立廻りを演じた時に、動きの速い派手なものよりも、下座(音楽)に合わせてゆっくりと形を見せる方が意外に好まれるように感じました。「Discover KABUKI」では、徐々に速さを変えていくなど、見せ方を工夫したいです。 

 

 

◆◆◆

 


 解説付きで楽しめる歌舞伎鑑賞教室。『毛抜』は、正義のヒーローがお姫様の奇病や消えた宝の謎を解く推理劇です。内容もわかりやすく、歌舞伎を初めて観るお客様にもお勧めのお芝居です。

 9日(金)には、午後6時30分開演で、お勤め帰りの方にもご観劇いただきやすい「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」を開催します。

 16日(金)午後2時30分/午後6時30分開演の「Discover KABUKI ―外国人のための歌舞伎鑑賞教室―」では、『解説 歌舞伎のみかた』を中村隼人とフリーアナウンサーの木佐彩子の二人でお送りします。日本語と英語を交えて行う特別バージョンです。また、中国語・韓国語・スペイン語のイヤホンガイドをご用意します。『毛抜』では、英語字幕表示のほか、上記5ヵ国語(日本語・英語を含む)のイヤホンガイドをご用意します。

 さらに今回は、「Discover KABUKI」以外に、17日(土)~24日(土)を「Multilingual Week(マルチリンガル ウィーク)」として、同5ヵ国語のイヤホンガイドを有料でご利用いただけます。

 皆様のご来場をお待ちしております。
 

6月歌舞伎鑑賞教室は6月2日(金)から24日(土)まで
社会人のための歌舞伎鑑賞教室は6月9日(金)午後6時30分開演
Discover KABUKI ―外国人のための歌舞伎鑑賞教室―は6月16日(金)午後2時30分/午後6時30分開演
チケット好評発売中です!

公演情報の詳細はこちら


 

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 平成29年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A