日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【5月文楽】初日を迎えました

国立劇場

トピックス

【5月文楽公演】初日を迎えました

 5月13日、5月文楽公演が初日を迎えました。
 豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫襲名披露の公演がいよいよ東京でも始まりました。

 

 劇場敷地内の半蔵門駅側通路には襲名披露を祝う色とりどりの幟が無数に立てられ、植栽の若葉の鮮やかさと共に、雰囲気を一層盛り上げます。

 

 

 第一部では、『菅原伝授手習鑑』の半ばに襲名披露口上が行われ、文楽座技芸員よりお客様へご挨拶の口上が述べられました。


 そして襲名披露演目である「寺子屋の段」で新・呂太夫が登場すると、客席からは大きな拍手が湧き起こりました。


 お祝いムード一色のこの公演期間中、ロビーでは襲名披露を祝う”まねき”が飾られています。


 なお、第二部『加賀見山旧錦絵』の休憩時間には、襲名披露口上の録画映像をロビーでご覧いただけます。

 5月文楽公演は29日(月)まで。皆様のご来場をお待ちしております。
 六代豊竹呂太夫襲名披露特設サイトはこちら

   

 

5月文楽公演 5月13日(土)~29日(月)

公演情報の詳細はこちら

 

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A