日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 12月歌舞伎公演はイベントが盛りだくさん

国立劇場

トピックス

12月歌舞伎公演はイベントが盛りだくさん!

 国立劇場開場50周年記念公演『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』もいよいよ、3カ月連続上演の最後の月を迎えます。
 通し上演を締め括る12月【第三部】では討入りを陰から支えた人物たちのドラマと、浪士の悲願達成となる討入りを上演します。
 
 12月歌舞伎公演中は様々なイベントを行います。

第一弾 赤穂市から誰かがやって来る!?
 12月2日(金)初日は、赤穂市から赤穂観光キャラクター・陣たくんと第31代赤穂義士娘が応援に駆けつけてくれます。
 大星黒衣之助と一緒にロビーにてお客様をお出迎えします。
 また、当日ご来場の方には赤穂市より記念品をプレゼント。

        陣たくん          大星黒衣之助

 

第二弾 大石神社の絵馬とおみくじを特別販売!
 12月2日から26日まで大石神社(兵庫県赤穂市)の絵馬を販売します。
 大石神社の絵馬は、陣太鼓を模しています。通常は大石神社に行かないと手に入らないので、この機会をお見逃しなく。
 また、大石内蔵助をイメージした人形みくじも販売します。




※大石神社:大正元年赤穂四十七義士並びに中折の烈士萱野三平を主祭神として赤穂城三の丸大石内蔵助、
       藤井叉左衛門両家老屋敷跡に鎮座。
         その後浅野家三代の城主長直・長友・長矩の三侯、浅野家断絶後の城主森家の遠祖で
         本能寺の変で亡くなった森蘭丸等七代の武将を合祀している。

第三弾 14日の討入りの日に特製トレシー®をプレゼント! 
 12月14日に、討入りの日のご観劇を記念して、国立劇場開場50周年記念オリジナルトレシー®をプレゼントします。討入りの錦絵を使ったデザインです。
 メガネ拭きだけでなく、アクセサリー、時計、携帯電話など生活の様々なものに使用できます。
 討入り当時は雪が積もっていたそうです。今度の14日には国立劇場界隈でも雪が降るでしょうか。

                           トレシー 

 今年も残り僅かとなりました。本年の掉尾を飾る注目の舞台にご期待ください。
 皆様のご来場をお待ちしております。

特設サイトはこちら
公演情報の詳細はこちら


  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 平成29年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A