日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  >  【初春歌舞伎公演】尾上菊之助が立廻りの舞台の安全と成功を祈願しました

国立劇場

トピックス

初春歌舞伎公演『通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―』
尾上菊之助が立廻りの舞台の安全と公演の成功を祈願しました。

 初春歌舞伎公演『通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―』の上演に当たり、狐の妖術を自在に操る美男の盗賊・小狐礼三を勤める尾上菊之助が、お芝居の舞台となる赤坂・日枝神社を訪れました。
 『小春穏沖津白浪』は、平成14年に国立劇場で大歌舞伎としては初演以来138年振りに復活上演し、好評を博しました。前回話題となった鳥居が立ち並ぶ中での大立廻りは、鎌倉佐助稲荷から日枝神社内の山王稲荷に舞台を移し、「赤坂山王稲荷鳥居前」として上演します。
 鳥居の中での大立廻りを演じる菊之助は、日枝神社本殿での玉串奉奠の後、山王稲荷を参拝。立廻りの舞台の安全と公演の成功を祈願しました。
 


日枝神社本殿にて

 


山王稲荷にて


  舞台となる山王稲荷の稲荷鳥居を訪れた菊之助は「小狐礼三は粋でかっこいい男なので、前回礼三を勤めた父(尾上菊五郎)に負けないよう、かっこよく色男風に勤めたいです。お芝居は、とても華やかで分かりやすくなっておりますので、皆さまにお正月気分を存分に味わっていただけると思います。鳥居での大立廻りは、前回の演出が今でも記憶に残っているほど良かったので、今回はさらにブラッシュアップし、もっとアクロバティックにしたいと考えています」と語りました。 


稲荷鳥居前にて

 ぜひ、お正月は国立劇場にお越しください!

初春歌舞伎公演は1月3日(日)から27日(水)まで。ぜひ、お見逃しなく!
公演情報の詳細はこちら
国立劇場歌舞伎情報サイトオープン!

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A