日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 12月14日討入りの日!国立劇場に…

国立劇場

トピックス

12月14日は赤穂浪士討入りの日!

 現在上演中の12月歌舞伎公演『東海道四谷怪談』の物語の背景にある『仮名手本忠臣蔵』。この作品は、実際に起きた赤穂浪士の討入り事件を基に描かれています。
 元禄15年(1702)12月14日夜、赤穂浪士は、主君・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の無念を晴らすために、吉良上野介(きらこうずけのすけ)邸に討入りました。
 今回の『四谷怪談』の上演では、『忠臣蔵』の世界をより浮き彫りにするため、大詰で『忠臣蔵』の討入りを描いています。

 そして「討入りの日」に因み、12月14日(月)に限定仕様のくろごちゃんが登場します!!
 当日の歌舞伎公演の開演前・休憩時・終演後に、この日にふさわしい装いに扮したくろごちゃんがロビーに登場します。
 果たしてその姿とは……!!ぜひ、限定くろごちゃんに会いに、国立劇場までお越しください! 
 
 

 

 

          
  チケットの購入は 国立劇場チケットセンター 

            電話(10時~6時) 0570(07)9900 
                           03(3230)3000(一部IP電話等)

            インターネット(一般券のみ)
                      http://ticket.ntj.jac.go.jp/  (パソコン)
                      http://ticket.ntj.jac.go.jp/m (スマートフォン)


国立劇場12月歌舞伎公演『通し狂言 東海道四谷怪談』は26日(土)まで上演中です。
ぜひお見逃しなく!

公演の詳細はこちら

国立劇場歌舞伎情報サイトオープン

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A