日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 初めてみる人へアドバイス!(孝太郎編)

国立劇場

初めてみる人へアドバイス!(片岡孝太郎編)


「6月歌舞伎鑑賞教室で女房お里を勤めている片岡孝太郎さんから、初めて歌舞伎を観るひとへアドバイスをもらったよ! 」
国立劇場 マスコット
くろごちゃん



 『壺坂霊験記』は義太夫狂言(※)なので、義太夫節に注目してみてください。竹本の演奏する義太夫節に合わせて俳優が演じている場面が、多くあります。夫の沢市に疑われたお里が自分の思いを吐露する場面もそうです。ここは「クドキ」という部分で、ヒロインが胸の内に秘めた苦悩や恋愛感情を切々と訴えます。太夫の語りや三味線の美しい旋律に合わせて演じる女方のみせどころです。義太夫節の詞章は字幕で表示されますし、この演出が分かると、お里や沢市の気持ちが伝わり、面白みが増しますよ。

 また、歌舞伎鑑賞「教室」ですが、授業だと思ってしまうと堅苦しく感じてしまうので、気軽に楽しんでください。面白いと思ったところでは、笑って大丈夫です。良いな、と思ったところでは拍手をしてほしい。そういった反応から、私たちもパワーをもらえます。
 是非、気軽に楽しんでほしいです。

(※)…義太夫狂言についてはこちらで詳しく紹介しています。→義太夫狂言ってなんだろう?


「初めて歌舞伎を観に行くってドキドキするね!でも、孝太郎さんの言うとおり気軽に楽しんでみよう!」

6月鑑賞教室公演詳細にもどる→こちら
初めての歌舞伎を観に行こう!はこちら
  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A