日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【5月文楽公演】第二部 大好評上演中!

国立劇場

トピックス

【5月文楽公演】第二部 大好評上演中!

 
 国立劇場5月文楽公演は、午後4時開演の第二部も文楽の魅力が満載です。
 演目は『祇園祭礼信仰記』『桂川連理柵』の2本立てです。

 『祇園祭礼信仰記』「爪先鼠の段」で、今回の公演で復活した此下東吉(後の真柴久吉)による豪快な立廻りは必見です。
 サルの異名をとった豊臣秀吉がモデルになっている此下東吉が桜の木を登って金閣寺の二層に到着したところに敵の侍たちが現れ、いよいよ立廻りの場面となります。文楽だからこそ可能な派手な動きの立廻りが繰り広げられます。
 此下東吉が桜の木を登る場面での、舞台機構を駆使した金閣寺のダイナミックな舞台転換とともに、此下東吉が大活躍する文楽ならではのスペクタクルをお楽しみいただけます。 


『祇園祭礼信仰記』金閣寺の段 捕らわれの身となる雪姫。この後桜の花びらで描いた鼠が……
       

『祇園祭礼信仰記』爪先鼠の段 文楽ならではの仕掛けや演出満載の立廻りがみどころです
       

 世話物の名作『桂川連理柵』では、この度二代目を襲名した吉田玉男が帯屋長右衛門を勤め、丁稚長吉(帯屋の段)に吉田簑助(人間国宝)、女房お絹に吉田和生、娘お半に桐竹勘十郎と豪華な共演をお楽しみいただけます。
 恋文の内容をめぐって滑稽なやりとりが描かれる前半部分、苦心する長右衛門と夫を案じる女房お絹が印象的な後半部分と、観どころ・聴きどころに溢れる「帯屋の段」。続く「道行朧の桂川」では、心中しようとする長右衛門と娘お半の切なさを大夫・三味線の合奏により情感豊かに表現します。
 ベテランの出演者による、熟練した舞台をお楽しみください。 

 


『桂川連理柵』帯屋の段 丁稚長吉を吉田簑助が遣います


『桂川連理柵』道行朧の桂川 長右衛門とお半の切ない最後に注目ください

   第二部にご来場の方に向けて、小劇場ロビーでは4月に国立文楽劇場(大阪)で行われた二代目吉田玉男襲名披露口上の様子を上映しています。
 この機会をどうぞお見逃し無く!


公演情報の詳細はこちら

国立劇場5月文楽公演 5月25日(月)まで

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A