日本芸術文化振興会トップページ  > 国立劇場  > 【12月歌舞伎公演】市川染五郎が舞台の安全と成功を祈願しました

国立劇場

トピックス

12月歌舞伎公演『通し狂言 東海道四谷怪談』
市川染五郎が舞台の安全と成功を祈願しました。

 12月歌舞伎公演『通し狂言 東海道四谷怪談』の上演に当たり、お岩を初役で勤める市川染五郎が、お岩ゆかりの寺社を廻り、舞台の安全と成功を祈願しました。
 まず、西巣鴨にある妙行寺に訪れ、お岩の墓所に線香を手向けました。


お岩の墓前にて


 次いで、四谷にある田宮神社と陽運寺を参拝しました。双方とも「於岩稲荷(おいわいなり)」と称されています。
 田宮神社は、お岩が住んでいた田宮家の邸内にあった社です。陽運寺には、木像のお岩様が祀られています。


田宮神社にて

陽運寺にて(右は大和田文雄<日本芸術文化振興会理事>)

 


12月歌舞伎公演は12月3日(木)から26日(土)まで
公演情報の詳細はこちら
国立劇場歌舞伎情報サイトオープン!

  • 国立劇場歌舞伎情報サイト
  • 寄席囃子研修生募集中 平成30年4月開講
  • 平成30年度歌舞伎・能楽・文楽鑑賞教室のご案内
  • 障害を理由とする差別の解消に関するご相談窓口
  • 会員募集中! 国立劇場友の会 あぜくら会
  • グループ・団体観劇のご案内
  • キャンパスメンバーズのご案内
  • 伝統芸能を「調べる」「見る」「学ぶ」文化デジタルライブラリー
  • 英語教材 Discover KABUKI
  • 養成事業 能楽・文楽・歌舞伎俳優・竹本・鳴物  研修生募集中! 平成29年4月開講
  • 国立劇場のマスコット くろごちゃん公式サイト
  • 観劇マナー入門 Q&A